「悪戦苦闘」の意味と使い方!使い方の例文、英語・類義語表現をご紹介

先日、子猫を飼うことになりました。ここからが試練のときです。可愛いのは当たり前ですが、可愛いだけでは済まなかったのがトイレの問題。
猫は、決められた場所で用を足す動物なので「最初が肝心!」と早速しつけを開始しましたが…。相手もなかなかの頑固者で、いろいろ試したり挫折しそういなりつつも最後はトイレのしつけに成功しました。
この記事では、そんな「悪戦苦闘」の意味や語源、英語や類義語表現や例文を用いた使い方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

「悪戦苦闘」の意味と語源

「悪戦苦闘」の意味

それでは「悪戦苦闘」の意味をご紹介します。
まずは読み方ですが、「悪戦苦闘」は「あくせんくとう」と読みます。漢字の並び方を見ただけでも大変そうな物事を表現しているのがわかりますね。
「悪戦苦闘」とは、「困難なことを乗り越えようと必死に頑張ること」という意味です。
生きていると困難なことが多々あります。それは容易に解決できるものではないことも。だからこそ「悪戦苦闘」という四字熟語を耳にすることがよくありますね。

「悪戦苦闘」の語源

続いて、「悪戦苦闘」の語源についてご紹介します。

・「悪戦」・・・「不利な戦い」という意味
・「苦闘」・・・「苦しみながら戦う」という意味

「悪」といえば「悪い」とも言います。「悪い状況の戦い」が「悪戦」であり「苦闘」も「苦しい状況で闘う」という意味から強調して、強い相手との苦しい戦いを表した四字熟語になっています。故事といったものではなく、熟語を重ね合わせてできた四字熟語です。

スポンサーリンク

「悪戦苦闘」の英語表現と類義語

それでは、「悪戦苦闘」の英語表現や類義語にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

「悪戦苦闘」の英語表記

「悪戦苦闘」には以下のような英語があります。

  • Hard fight
  • to be hard pressed
  • struggle

【例文】

  • He modified the car and of the struggle.(彼は悪戦苦闘の末、車を改造した。)

「struggle」とは、「もがく、あがく」という意味があります。「悪戦苦闘」とは「苦労の末」という意味でもあるので、もがいたりあがいたりしている状況と同じ「struggle」は「悪戦苦闘」の英語訳と言えますね。

 

「悪戦苦闘」の類義語

次に「悪戦苦闘」の類義語には、どのようなものがあるのか見ていきましょう。

  • 四苦八苦(しくはっく)
  • 千辛万苦(せんしんばんく)

「四苦八苦」も「千辛万苦」も漢数字が入っていますが、苦しみや辛さが幅広く続いているという意味で、「悪戦苦闘」の類義語となります。
苦しいことが千も万もあるのは嬉しいことではないですが、苦労しないと人間は成長しないのも理解できます。

「悪戦苦闘」の使い方

それでは、「悪戦苦闘」の使い方を例文で見ていきましょう。

【例文】

  1. 「悪戦苦闘したが、ようやく完成した。」
  2. 「彼女は育児に悪戦苦闘しつつも、幸せな日々を送っています。」
  3. 「父は悪戦苦闘の末に、この作品を完成させた。」
  4. 「この問題に悪戦苦闘して、最後まで問題を解くことができなかった。」
  5. 「悪戦苦闘しながら、やっとここまでたどり着きました。」

苦労した時に使われる四字熟語ですが、その結果良くなっているケースが多いのでネガティブな言葉ではありませんね。
「悪戦苦闘の末」「悪戦苦闘しながら」と、進行形や過去形を使うことが例文を見てもわかります。

 

苦しいことを乗り越えたとき大きくなれるということ

ここまで、「悪戦苦闘」について見てきました。
「悪戦苦闘」することは誰も好んでしたいことではありませんね。しかし、生きていれば苦しいこと悲しいことはあります。何もないのは逆につまらないのかもしれません。
「悪戦苦闘」したからこそ、楽しいことや嬉しいことも倍層するのでしょう。猫のしつけでもそうでしたが、初めてしつけに成功した時の嬉しさは忘れることはできません。
「悪戦苦闘」しているなら、その先には何倍もの楽しみが待っていることを考えて乗り越えていきましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください