「魑魅魍魎」の意味や語源とは?使い方の例文と「百鬼夜行」との違いをご紹介!

「魑魅魍魎」って書けますか?読めますか?
うーんとうなってしまいそうな文字が並んでいます。この漢字のお化けのような四字熟語の意味はご存知でしょうか?
「鬼」という漢字が4つすべてに使われているので、これはもうとんでもなく怖い意味に違いありません。見ているだけで目が回りそうなこの「魑魅魍魎」の漢字に惑わされないうちに、意味や使い方をしっかり理解しましょう。
この記事では「魑魅魍魎」の意味や語源、英語・類義語の表現や使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

「魑魅魍魎」の意味と語源

「魑魅魍魎」の意味

それでは「魑魅魍魎」の意味をご紹介します。
まずは読み方ですが「魑魅魍魎」は「ちみもうりょう」と読みます。
「魑魅魍魎」とは「人に害を与える化け物の総称のこと、私欲のために悪だくみをする者のたとえ」という意味です。
「魑魅魍魎」とは山や川などから生じた人に害を与えるお化けのことを言いますが、お化け以外にも自分の欲の為に人に危害を与える者のことも「魑魅魍魎」と言います。
一字ずつ意味を解説しますと、以下の通りです。

  • 「魑」山林の精気より生じる化け物の
  • 「魅」もののけ、化けもの。
  • 「魍」山水・木石の精気から生じるという怪物のこと
  • 「魎」山川に住むという想像上の怪物のこと

「魑魅魍魎」の語源

続いて「魑魅魍魎」の語源をご紹介します。

中国の歴史書「春秋」の代表的な注釈書の1つで「春秋左氏伝」という書があり、「魑魅魍魎」はそこから広まりました。内容は以下の通りです。
楚(そ)の王が周(しゅう)の使者、王孫滿(おうそんまん)に鼎の軽重(かなえのけいちょう)を問いました。(「鼎の軽重を問う」とは面と向かって皇位をうかがうことで「鼎」とは金属製の容器であり、国が変わるたび受け継がれてきた宝のことで当時は王の象徴とされていました)
当時、楚は中国の春秋時代、戦国時代にわたって存在した王国で領土を広げ周の国の近くまで兵を進めてきました。これから奪おうとしている国の使いに鼎の価値を問い、持ち帰って自分が王だと示そうとしていました。
王孫滿(周の使者)はひるむことなく言いました。
「鼎の価値は所有者の徳で決まるものであって、鼎そのものが宝と言うものではないのです。周の国は昔と比べると衰えたと言われるが、鼎が手元にあるということはまだまだ衰えてはいません。」
そして更に続けました。
「夏(か)の国も殷(いん)の国の頃も人々は山に入って魔物に会うこともなく、化けものに取りつかれることもなかった。徳が高かったからこそ、夏と殷の両国の王は人民のために魑魅魍魎の恐ろしさを徹底的に周知したのです」と。
これを聞き楚の国は兵を引かざるを得なかったのです。

これは「鼎という宝物をもっているからといって王である証と言うわけではなく、徳が高い者が王となっているから国が長続きしているんだよ。徳が高いと驕れる(おごれる)ことはなく、人々に山林だけではなく世の中には悪い「魑魅魍魎」のものがたくさんいるから気を付けなさいと気遣うことができ、そこからまた人々が付いていき国が盛り上がるんだよ。」ということを言っています。
大昔から山林には怖いものが棲んでいるとされてきたのですね。

スポンサーリンク

「魑魅魍魎」の英語表現と類義語

「魑魅魍魎」の英語の表現

次に「魑魅魍魎」は英語でどのように表現されているのかご紹介します。

  • evil spirits(魑魅魍魎の)

【例文】

  • House of evil spirits(魑魅魍魎の館)
  • Spread the world of evil spirits(魑魅魍魎の世界が広がる)

「evil spirits」は「evil(悪の)」という単語と「spirits(霊、魂)」という単語が合わさってできた言葉です。「evil」に「d」がつくと、「devil(悪魔)」ということになります。

「魑魅魍魎」の類義語

「魑魅魍魎」と似た意味や構成を持つ言葉をご紹介します。

  • 百鬼夜行(ひゃっきやこう)

「百鬼夜行」とは「化け物が夜中に列をなして出歩くこと」という意味です。
「百鬼夜行」は夜中に出る化け物ですが「魑魅魍魎」は昼夜関係ありません。

「百鬼夜行」についてはこちらの記事をご覧ください。

 

「魑魅魍魎」の使い方

最後に、「魑魅魍魎」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「世の中には、魑魅魍魎の輩がたくさんいる」
  2. 「昼間なのに森に入ると辺りは真っ暗になり、魑魅魍魎が出そうだった」
  3. 「魑魅魍魎に取りつかれ、彼の人生は大変なことになった」
  4. 「あの山に一人で行くなんて、魑魅魍魎に会いに行くと同じことだ」
  5. 「私利私欲の魑魅魍魎たちは、骨の髄まで食べつくす恐ろしいものだ」

「魑魅魍魎」は現実の世界にもたくさんいるので、使用する機会はたくさんありますね。
また使い方としては、基本的にネガティブ且つ対象が複数であることがわかりますね。

 

「魑魅魍魎」山中だけじゃない

「魑魅魍魎」は山の中にいる化け物だけじゃありません。人の心の弱いところを付き「悪」の道へとおびき寄せるものが、普段の暮らしの中にも潜んでいるのです。ギャンブルや薬などもそうです。
心が弱くなったところや荒んだ心に取りつくので「魑魅魍魎」に付かれないためには、しっかりと自分の心に自信を持つことが大切ですね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください