「昼夜兼行」の意味や由来とは?使い方の例文や英語・類義語表現のポイント

現代社会において、インターネットの普及や様々な物事の発展により職業の幅はこれまでにないほど広くなっていっていますよね。
しかしながら、どんな仕事をしていても、忙しい時やゆったりしている時はあるものでしょう。
忙しいと時間や状況に捉われず、がむしゃらに仕事に取り組むという場合もありますよね。そういう時に是非使ってみたい四字熟語が「昼夜兼行」です。
この記事では「昼夜兼行」の意味や語源、英語・類義語表現や例文による使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

 

「昼夜兼行」の意味や語源

「昼」や「夜」という漢字が使われていることから、「昼夜兼行」という四字熟語にはどうやら時間帯が関係していることが分かります。また、時間以外にも人それぞれによって何かしらイメージを持ちやすい四字熟語でもあります。
早速「昼夜兼行」という四字熟語について、読み方や意味そして語源へと話を進めていきます。

「昼夜兼行」の読み方と意味

知らない四字熟語を知るには、まず読み方から知っていくのが理解を深める最初の一歩です。
「昼夜兼行」は「ちゅうやけんこう」と読みます。
「健康」ではなく「兼行」なので、漢字の書き間違いには注意してくださいね。もっとも、これから説明する「昼夜兼行」の意味を知っていればそのような間違いも防ぐことができるでしょう。

「昼夜兼行」とは、「昼も夜も関係なくまる一日仕事をすること」という意味になります。
「昼夜」という部分は昼から夜まで、つまり一日中という意味を示しているので上記のような意味になるんですね。

「昼夜兼行」の語源

「昼夜兼行」の意味の部分でも説明したように、「昼夜兼行」は「昼夜」という部分だけで成立する意味があります。
よって必然的に「兼行」という部分だけでも意味があるということになりますね。

「昼夜」は、「一日中」「昼も夜も休まずに」という意味で使われています。
そして「兼行」はというと、もともとの語源は「急いでいるがゆえ、一日に二日分の距離を進むさま」を示しています。
この意味は、「三国志」という中国の書物の中の「呉志」という部分で、兵がどのように進んでいるか描写されている箇所で用いられました。つまり「呉志」が「昼夜兼行」の語源であるといわれています。
現在では「昼夜兼行」を使う時は、「一日に二日分の距離を進む」という部分から「急いで仕事をすること」という意味にも捉えられることが多いです。

スポンサーリンク

「昼夜兼行」の英語・類義語

では次に、「昼夜兼行」という言葉を英語や日本語でも類義語で表現するにはどのような表現があるのか、一つずつ解説していきます。
まずは英語での表現方法、そして類義語の紹介へと移っていきます。

「昼夜兼行」の英語表現とは

「昼夜兼行」という四字熟語を英語で表現するときのポイントは、「昼夜」の訳し方です。
意外と日本語と英語での表現が似ていて、「昼夜」と言いたい場合、英語では「day and night」と言えるのです。
すなわち、「昼夜兼行」を英語にする時は下記のように表現するようにしましょう。

  • working day and night

英語特有ですが、「兼行(働く)」という部分が「昼夜(一日中)」という部分よりも先に来ていますね。
日本語と英語では語順が異なる、ということも一緒に覚えておきましょう。
「working day and night」の他にも、下記のような表現があります。

  • work around the clock
  • work all the day

「働く」という単語は一通りで良いですが、「一日中」「昼から夜まで」という表現には英語でもいくつか表現技法があります。

「昼夜兼行」の類義語

では、「昼夜兼行」の類義語にはどのような四字熟語があるのでしょうか。
いくつかご紹介していきます。

  • 連日連夜(れんじつれんや)
  • 不眠不休(ふみんふきゅう)
  • 晨夜兼道(しんやけんどう)

それぞれの四字熟語が、「時間問わず物事に取り組み続けること」という意味を持っていて「昼夜兼行」の類義語として最もふさわしい四字熟語と言えます。
特に、「連日連夜」「不眠不休」は「時間」について言及するニュアンスを強く含んでいるのがポイントです。それに比べて「晨夜兼道」は、「昼も夜も休まず先に進む」という時間的、行動的ニュアンスの両方を含んでいるので、上記3つの四字熟語のうち最も「昼夜兼行」に近いのは「晨夜兼道」だと言えます。

 

「昼夜兼行」の使い方

では最後に、だれもが日常会話に取り入れられるようになるために、例文をご紹介していきます。
下記を参考に、あなたも例文を考えてみてはいかがでしょうか。

【例文】

  1. 「今年の繁忙期は例年にない仕事量な上人員も少ない。新人にも昼夜兼行を強いることになってしまう」
  2. 「いよいよ明日は本番だ。今日は最終確認で昼夜兼行になるだろう」
  3. 「私の父は年中昼夜兼行でなかなか家に帰ってこない」
  4. 「息子の晴れ姿が何とか見たくて昼夜兼行してしまったよ。何とか間に合ってよかった」
  5. 「このプロジェクトを成功させるために昼夜兼行で準備に明け暮れた。採用が決まってほっとしたよ」

冒頭で書いた「忙しい時期」つまり繁忙期には、やはり「なりふり構わず仕事をこなす様子」が各所で頻繁に見られるようになると思いますが、そういった場合に使うと「忙しい様子」を適切に表現できます。

 

「昼夜兼行」を積極的に使ってみよう

だれしも一度は無我夢中で何かに取り組んだことがあるかと思います。
現在では「兼行」が「急いで仕事をする」という意味で使われることが多いことから、仕事に限定された表現なのかと勘違いしがちではありますが、実は仕事に捉われずに使える四字熟語です。
あなたが最近ハマっていること、夢中になっていることはなんですか?是非あなたが集中して取り組んでいるものごととくみあわせて、「昼夜兼行」という四字熟語を使ってみましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください