「五里霧中」の意味や由来。使い方の例文、英語をわかりやすくご紹介

あなたは「五里霧中」という言葉をご存じですか?
ビジネスシーンや、日常生活でも時々耳にする言葉なのではないでしょうか。
先日、強豪サッカーチームの成績が珍しく低迷している記事で「五里霧中只中の~」と書かれていました。そのチームが何をしても勝てない、暗中模索している状況を表現していました。実際はどのような意味で、どのように使うのでしょうか。
この記事では「五里霧中」の意味や語源、英語・類義語表現や例文による使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

 

「五里霧中」の意味や由来

まずは意味と由来についてご紹介していきます。

「五里霧中」の意味

はじめに読み方を確認しましょう。
「五里霧中」は「ごりむちゅう」と読みます。漢検4級レベルの四字熟語になります。
「霧中」を「夢中」と間違えてしまうことが多いようなので気をつけましょう。
それでは意味を見てみましょう。
「五里霧中」とは「現在の状態がわからず、見通しや方針の全く立たないことのたとえ。心が迷って考えの定まらないこと」という意味になります。
まさに漢字の通り、霧に閉ざされたような状態のことでにっちもさっちもいかない様子を表す言葉です。

「五里霧中」の由来

「五里」とは距離を表します。「里」が単位になります(当時の時代では1里=約400m)。
「霧中」は「霧の中にあるように何も見えない状態」を表します。
「五里霧中」は中国漢書が由来の故事成語です。
「張楷(ちょうかい)、字は公超。・・・性道術を好み、能(よ)く五里の霧を作(な)す。」
訳しながら説明していきますと、「中国の後漢の時代に張楷という者がいて、彼は生まれつき道術を好み、五里四方に霧をおこすことができた。」
この道術に例えて現在の「五里霧中」の意味になりました。
張楷は人と会うことを好まなかったそうで、世間から身を隠すためにしばしばその術を使ったとの記述もあります。

スポンサーリンク

「五里霧中」の英語と類義語

続いて英語と類義語についてご紹介していきます。

「五里霧中」の英語

「五里霧中」の英語表現を見てみましょう。

【例文】

  1. I am in a fog about what to do after this. (今後どうしていいのか五里霧中の状態だ)
  2. grope in a fog searching for a solution (打開策が見つからず五里霧中だ)

「五里霧中」と同じ英語の慣用句はないので、2文とも意味を英語に訳しています。
1の例文は「I am in the fog」で「霧にいる」状態を表しています。
2の例文は「手探り」という意味の「grope」を使い「霧のなか、手探りで探している」という表現をしています。

「五里霧中」の類義語

それでは次に類義語を見てみましょう。

  • 曖昧模糊(あいまいもこ)
  • 有耶無耶(うやむや)
  • 雲煙模糊(うんえんもこ)
  • 空空漠漠(くうくうばくばく)

「曖昧模糊」とは「はっきりしないで、ぼんやりしている様子」、「有耶無耶」とは「あるのかないのかはっきりしないこと。曖昧なこと」、「雲煙模糊」とは「雲やかすみ・もやがたちこめて、はっきりしない様子」、「空空漠漠」とは「広くて、とりとめのない様子」という意味になります。
全てはっきりしない様子を表す四字熟語になります。
「五里霧中」は霧で表現していますが類義語をみると、ぼんやりしている様子は色々な表現ができますね。

「曖昧模糊」と「有耶無耶」の記事はこちらをご覧ください。

「曖昧模糊」とはどんな意味?使い方の例文

「有耶無耶」の意味や使い方の例文をご紹介!

 

「五里霧中」の使い方

最後に、「五里霧中」の使い方について例文をご紹介していきます。

【例文】

  1. 「初心者の私には何からどう初めていいのか五里霧中の状態だ」
  2. 「調子が落ちてきた彼らは五里霧中で解決策を探している」
  3. 「全ての容疑者にアリバイがあるため捜査は再度五里霧中になってしまった」
  4. 「業績が上がらずその会社は五里霧中で困り果てている」
  5. 「級が上がると勉強の仕方を変えなくてはいけなく、いま僕はまさに五里霧中だ」

「〇〇だ~」「〇〇の状態~」というようなかたちで使うことが多いです。
上記の例文のように「五里霧中」は解決法が見つけられず困っている様子を表現するのにピッタリな言葉です。
個人としても、会社やチーム等の複数人でも広い範囲で使います。

 

「五里霧中」はこんな時に使おう

ここまで「五里霧中」についてご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。
手探りで頑張って探している様子というよりは、どちらかというと方法がわからなく困り果てている時に最適な言葉になります。
ぜひ「五里霧中」という言葉、覚えておいてください。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください