「八面六臂」の意味や語源とは?使い方の例文で「八面六臂の活躍」をご紹介!

毎日があまりにも忙しくて体がいくつあっても足りない。「あっちの会合には違う私が行ってくれれば」、「このお掃除をして、あっちのお掃除もして」「塾に行って、習い事も・・・」
世の中に多忙な人はとても多いです。そんな多忙を物ともせず、様々なことを上手にこなしてしまう人を表現する言葉に「八面六臂」という四字熟語があります。
「読めませ~ん」と聞こえてきそうですね。「お化けの名前ですか?」って言われてしまいそうな「八面六臂」という言葉、しっかり覚えて使いこなしましょう。
この記事では「八面六臂」の意味や語源、英語・類義語の表現や使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

「八面六臂」の意味と語源

「八面六臂」の意味

それでは「八面六臂」の意味をご紹介します。
まずは読み方ですが、「八面六臂」は「はちめんろっぴ」と読みます。
「八面六臂」とは「ひとりで多方面にわたって活躍をすること、何人分もの働きを一人でこなすこと」という意味です。
「八面六臂」とは多才な人ということです。ある意味お化けのような、超人のような人ですね。

「八面六臂」の語源

続いて「八面六臂」の語源をご紹介します。
「八面六臂」とは仏教語で、八面の顔と六本の腕をもつ仏像のことを言います。
「面」は顔「臂」は肘、腕ということです。
八つの顔と六つの腕がたくさんの才能を持っているということを表しています。
仏像の「三面六臂(さんめんろっぴ)」の阿修羅像が有名ですね。

元々、「三面六臂」の仏像に二面プラスして三面よりも更に多才だということを表現したようで、「八面六臂」の仏像は存在しないないと言われることもありますが、三宝荒神(さんぽうこうじん)という竈(かまど)の神様の仏像(仏像ですが神様)が「三面六臂」のものと「八面六臂」のものがあるとされています。

スポンサーリンク

「八面六臂」の英語表現と類義語

「八面六臂」の英語の表現

次に「八面六臂」は英語でどのように表現されているのかご紹介します。

  • all-round(八面六臂、多くの方面のことを巧みにこなす様子、万能)

【例文】

  • Activities of all-round(八面六臂の活躍)

「all-round」とは「丸い、すべての」という意味がありますが、「万能、有能な」という表現もできます。

「八面六臂」の類義語

「八面六臂」と似た意味や構成を持つ言葉をご紹介します。

  • 三面六臂(さんめんろっぴ)
  • 獅子奮迅(ししふんじん)

「三面六臂」とは「人が多方面にめざましい働きをする」という意味で、「八面六臂」とほぼ同じ意味を持っています。
「獅子奮迅」は「活躍などが非常に際立っているさま」という意味です。

 

「八面六臂」の使い方

最後に「八面六臂」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「シングルマザーの彼女は起業し、父・母・社長などあらゆる役をすべてこなし八面六臂の活躍だ」
  2. 「うちの会社には才能あふれる社員がいて、八面六臂の大活躍をしているので安心だ」
  3. 「八面六臂の存在があちこちにいることはありえないんだ。何故なら、多才な人間はそう多くはいないからだ」
  4. 「彼は持って生まれた才能以上に八面六臂で驚いた」
  5. 「社長がすごい人な訳じゃない、周りの人間が八面六臂で社長を支えているんだ」

「八面六臂」はちょっとの活躍では使われません。いろいろな方面で大活躍している人を指すときに使用します。
例文のように「八面六臂の活躍だ」「八面六臂で(驚いた)(安心した)」と使用されるのが一般的ですね。

 

「八面六臂」は天才

「八面六臂」は多方面でその才能を発揮する人のことを言うので、あまりお目にかかることは少ないかもしれませんね。いわゆる天才肌です。
しかし、発揮するタイミングがない隠れ天才もいるかもしれません。あなたもその一人かもしれませんよ。「八面六臂」の活躍ができるかどうかは、まず、何かしらの行動を起こしてみることですよね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください