「意気投合」とは?意味や語源、英語&類義語表現や使い方の例文!

あなたは初対面で相手のことは全く知らないはずなのに、「なぜか気が合って話がとても盛り上がった」という経験をしたことがありませんか。
私も思い返せば、今でも一番仲が良い友達との出会いは昔からの友達のような、最初から会話が途切れることなくとても楽しかった思い出があります。
そんな時に表現する言葉に「意気投合」という四字熟語がありますね。
でも「意気投合」って何となく意味も使い方も分かるような気がするけど、私たちが考えている実際の意味は合っているのでしょうか?
この記事では「意気投合」の意味や語源、英語の表現や類義語、使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

「意気投合」の意味と語源

「意気投合」の意味

それでは「意気投合」の意味をご紹介します。
まずは読み方ですが「意気投合」は「いきとうごう」と読みます。
「意気投合」とは「気持ちがピタリと合う」という意味です。
相手との気持ちや考えが同じであったり、ピッタリと合う時に使います。
また相手と自分の心が通っている状態にも使います。

「意気投合」の語源

続いて「意気投合」の語源を紹介します。
「意気投合」を二語に分けて紐解いていきます。
まず「意気」とは「意志や気持ち」、「投合」とは「ピッタリと合うこと」を指します。
「投」という字だけ見ると「物を投げる」とイメージしがちですが、この言葉には「差しだして、ある場所に収まるようにする」という意味もあります。
「意気投合」という熟語の中で見てみると、「自分の気持ちを相手に差し出して相手の心にすとんと収まる」というイメージです。よって、「気持がピッタリと合うこと」または「波長が合う」という意味になります。

スポンサーリンク

「意気投合」の英語表記と類義語

「意気投合」の英語の表現

次に、「意気投合」は英語でどのように表現されているのかご紹介します。

  • Hit it off together(意気投合)

【例文】

  • The couple hit it off together(あのカップルは気が合っている)
  • They don’t hit it off together(彼らはそりが合わない)

「hit」とは「命中する」「うまく当たる」という意味です。
「hit off」で「〇〇を正確に表現する」という意味になります。
「off」が加わるだけで、また大きく意味が違ってくるのも面白いですよね。
「相手が自分と同じ気持ちを正確に表現している」、つまり「同じ意見や気持ち」という直訳です。

「意気投合」の類義語

「意気投合」と似た意味や構成を持つ言葉を紹介します。

  • 以心伝心(いしんでんしん)
  • 情意投合(じょういとうごう)
  • 意気相投(いきそうとう)

「以心伝心」は「心と心で通じ合う」という意味です。「情意投合」は「感情や意志がピッタリと合う」という意味です。「意気相投」は「気持が一致する」という意味になります。
この中であれば、「意気相投」の「相投」が「(考え方や感覚などが)お互いに一致する」ことを指すので、「意気投合」に一番近い意味と言えますね。

「意気投合」の使い方

最後に「意気投合」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「すぐに意気投合し、次回の約束までした」
  2. 「たまたま隣り合った知らない人と話していたら、たちまち意気投合した」
  3. 「昔からの知り合いのように、出会ってすぐに意気投合している」
  4. 「その経営者とすっかり意気投合し、一緒にビジネスまですることになった」
  5. 「隣のクラスの子と意気投合し、同じクラブに入ることにした」

どれも最初はほとんど知らない相手なのに気持ちや考えが同じ相手と出会い、一気に相手との距離が近くなる場合に使用される場合が多いですね。
「意気投合した」や「意気投合している」などと、使うことが多いですね。

 

相手との距離を縮める言葉

「意気投合」は、お互いに気持ちが通じ合った時に使う言葉です。
誰でも「話が合わない」と言われるよりも、「意気投合した」と言われれば嬉しいものですよね。
話が弾んだ場合などは「意気投合した」と使うと、相手との距離が一気に近づきますよ。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください