「一刻千金」の意味や語源のことわざとは?例文と使い方のポイント!

突然ですが、時間って限りなくあると思っていませんか?
「今度やろう」「いつかやろう」と様々なことを後回しにして、少し空いた時間も何となく過ぎてしまうということがよくあります。
そして気が付けば、タイムリミットでやりたかったことの半分も手が付いていない状態…ということってありませんか?
そんな貴重な時間を無駄にしないようにする言葉に、「一刻千金」という四字熟語があります。
この記事では「一刻千金」の意味や語源、英語・類義語の表現や使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

「一刻千金」の意味と語源

「一刻千金」の意味

それでは「一刻千金」の意味をご紹介します。
まずは読み方ですが「一刻千金」は「いっこくせんきん」と読みます。
「一刻千金」とは「わずかな時間が千金に相当する、時間は貴重なことのたとえ」という意味です。
時間を大切に使いなさいということを言っている言葉です。

「一刻千金」の語源

続いて「一刻千金」の語源をご紹介します。

中国北宋代の政治家であり詩人であり書家である蘇軾(そしょく)という人の「春夜(しゅんや)」という詩の中に、「春宵一刻直千金」という一節があります。
これは「春の夜はすばらしく、千金の値打ちあり」という意味です。
この詩は後にこのような続きがあります。
「花有清香月有陰 歌管楼臺聲細細 鞦韆院落夜沈沈」
 これは「花の香りやおぼろ月夜など何とも言えない風情があり贅沢だ。さっきまで歌ったり演奏をしていた高殿も、今は微かに音が聞こえる程度、中庭には置き忘れられたブランコがひとつ。ゆっくりと静かな夜が更けていく」と詩っています。

春の夜のひと時は千金の値があると詠ったところから「一刻千金」は「時間とはお金に値するもので、大切に使わなければいけないよ」という戒めの言葉として使用されるようになりました。

スポンサーリンク

「一刻千金」の英語表現と類義語

「一刻千金」の英語の表現

次に「一刻千金」は英語でどのように表現されているのかご紹介します。

  • every moment is precious(一寸の光陰軽んずべからず)
  • time is money(時は金なり)
  • precious time(大切な時間)

【例文】

  • The life is Time is money(人生は一刻千金だ)
  • There is value of the Time is money at time with you(君との時間は一刻千金の価値がある)

「time is money」は「時間はお金と同様に貴重なものだから、決して無駄にしてはいけないという戒め」であり、「every moment is precious」「わずかな時間も無駄にしてはならないという戒め」で、どちらもお金と時間に関することわざです。

「一刻千金」の類義語

「一刻千金」と似た意味や構成を持つ言葉をご紹介します。

  • 春宵一刻(しゅんよういっこく)

語源でご紹介した「春宵一刻値千金」は「一刻千金」の四字熟語だけではなく、「春宵一刻」という四字熟語も同時に生み出しています。
これは「春の夜は何よりも風情があり、春の夜のひとときには非常に大きな価値がある」という意味で「春宵」は春の夜。「一刻」はすこしの時間のことを言います。

 

「一刻千金」の使い方

最後に「一刻千金」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「子育ては一刻千金で、その時間は子供が大人になるまでの限られた短い時間だ」
  2. 「夜のほんのわずかな時間が家族の一刻千金の時間だ」
  3. 「学生時代は一刻千金の日々なので毎日大切に過ごしなさい」
  4. 「毎日が忙しすぎてほんの少し空いた時間が一刻千金だった」
  5. 「遊ぶのも、勉強するのも一刻千金を踏まえてからにしなさい」

「一刻千金」は少しの時間を有意義に過ごす時に使用されますね。
「一刻千金の(日々)」「一刻千金の(時間)」などと使用される場合が多いです。

 

時間は人生

英語の例で出た通り「時は金なり」という言葉もあります。
どんな時間も大切な人生のひと時です。
貴重な時間は千金の価値はありますが、大金を払っても手に入れることはできません。
自分で時間を作りだし、「一刻千金」の値になるような過ごし方をするものです。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください