「以心伝心」の意味とは?由来は仏教?英語や類語、使い方の例文をご紹介!

あなたは「以心伝心」という言葉をご存じでしょうか。
有名な言葉なので多くの方がご存じですよね。「以心伝心」というタイトルの歌もたくさん存在します。
それらの歌詞をみると、「遠くにいても通じ合っている」というような内容で「以心伝心」は使われています。
なんだかロマンチックで素敵ですね。実際はどのように使うのが正しいのでしょうか。
この記事ではそんな「以心伝心」の意味や語源、英語・類義語表現や例文による使い方についてご紹介します。

スポンサーリンク

 

「以心伝心」の意味と語源

まずは意味と語源についてご紹介していきます。

「以心伝心」の意味

先に読み方を確認しましょう。
正しい読み方は「いしんでんしん」です。
「以心」を「意心」と書き間違えてしまわないよう、気を付けましょう。

「以心伝心」とは「仏教で、言葉で表すことのできない仏法の奥義を師の心から弟子の心に伝えること。禅の奥義の伝承方法。」「(転じて)心と心で通じ合い、文字やことばを用いなくともお互いの意志が通じること」という意味です。
仏教用語であったことを知らなかった方が多いのではないでしょうか。
2つ目の意味が一般的に使われています。お互いの意志が通じるとはテレパシーのようですね。

「以心伝心」の語源

次に語源を見てみましょう。

  • 「以心」・・・「ことばや文字を使わずに心を通じようとすること」
  • 「伝心」・・・「相手の心に伝えること」

意味のところでご紹介した通り、元は仏教用語になります。
漢文で「心を以(もっ)て心に伝ふ」と読み「心を通い合わせ心でしか伝えられない」という意味になります。

スポンサーリンク

「以心伝心」の英語と類義語

次に英語と類義語をご紹介していきます。

「以心伝心」の英語

「以心伝心」を英語に訳すとどうなるでしょうか。

【例文】

  1. We can read each other’s minds. (私たちは以心伝心の間柄でわかりあえる)
  2. I’m in tune with him. (私と彼は以心伝心だ)

1では「read mind」を使って表現しています。直訳で「心を読む」という意味です。
「言葉を使わずして心がわかる」ということを訳しています。
2は「be in tune with~」を使っています。直訳は「~とウマが合う、~と同調する」という意味です。
他にも「お互い理解しあっている」という直訳の「get each other」も以心伝心の表現として使えると思います。

「以心伝心」の類義語

続いて類義語をみてみましょう。

  • 感応道交(かんのうどうこう)
  • 神会黙契(しんかいもっけい)
  • 拈華微笑(ねんげみしょう)
  • 不立文字(ふりゅうもんじ)
  • 黙契秘旨(もっけいひし)

それぞれ、「感応道交」とは「仏教で、衆生(生命のある全てのもの)が仏を感じようとすれば、仏はすぐにそれに応じ、衆生と仏の心が通じて、通い合うこと」、「神会黙契」とは「黙っていても意思が通じ合うこと。語らないうちに自然に気持ちが一致すること」、「拈華微笑」とは「仏教で文字やことばによらず、心から心に伝わること」、「不立文字」とは「ことばや文章を用いないこと。文字や文章に表現しないこと。仏教で、道は文字で伝えるべきものではなく、心で伝えるべきものであるということ」、「黙契秘旨」とは「ことばを交わすことなく、秘密にしたままで、互いに了解し合っている考え」という意味です。

「神会黙契」と「黙契秘旨」以外は仏教用語になり、意味も似た言葉になります。
仏教用語はなかなか聞きなれないので初見の方もいらっしゃると思います。難しい言葉に聞こえますがこの機会に覚えてみてください。

 

「以心伝心」の使い方

最後に「以心伝心」の使い方について例文でご紹介していきます。

【例文】

  1. 「私たちは小さいころから一緒にいるから以心伝心の仲だ」
  2. 「彼と以心伝心であれたらいいのになぁ」
  3. 「落ち込んでいれば近くにきてくれる愛犬と僕は以心伝心の間柄だ」
  4. 「ぼくらはいつも以心伝心だね」
  5. 「試合となるとチームメイトたちは以心伝心が働く」

「〇〇の仲」「〇〇の間柄」という形はよく使うので、覚えておいてください。
シーンとして家族・友人・恋人・仲間など色々な間柄で使えます。

 

「以心伝心」の仲

ここまで「以心伝心」についてご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。
あなたは「以心伝心」の仲の人はいますか?通じ合えるって素敵ですよね。
似たような意味で「阿吽の呼吸」や「ツーカーの仲」また「テレパシー」という表現もあります。それぞれ「言いたいことが分かる」「心が通じ合う」と微妙にニュアンスが違いますが、参考にしてみてください。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください