「十人十色」を英語で表現!意味や読み方、類義語&使い方の例文をご紹介

あなたは「十人十色」という言葉をご存じでしょうか。
歌のタイトルにもなっているくらいなので、メジャーな言葉ですよね。日常的にも
割と使う四字熟語です。
この記事では、「十人十色」の意味や語源、英語・類義語表現や例文による使い方をご紹介します。

 

「十人十色」の意味と語源

はじめに意味と語源についてご紹介致します。

「十人十色」の意味

まずは、読み方から確認していきましょう。
「十人十色」は「じゅうにんといろ」と読みます。
最初の十は音読み、後の十は訓読みになりますのでご注意ください。
続いて意味をみてみましょう。
「十人十色」とは「人の好む所・思う所・なりふりなどが一人一人みんなちがうこと」という意味になります。
素敵な言葉ですよね。

「十人十色」の語源

「十人十色」の語源については、以下の通りです。

  • 「十人」は「さまざまな人々」
  • 「十色」は「さまざまな個性」

ちなみに「色」は「種類」という意味を表現しています。
上記の2つを合わせて「人々の個性はさまざまである」という表現になりました。

 

「十人十色」の英語と類義語

続いて英語表現と、類義語についてご紹介していきます。

「十人十色」の英語

十人十色を英語に訳すとどうなるのでしょうか。
十人十色と全く同じ表現は英語にないので、近い意味のものをご紹介します。

【例文】

  1. People have a wide variety of viewpoints.(人の考えは十人十色だ)
  2. So many men, so many minds.(十人十色)

2の「So many~」の文は英語でのことわざで「たくさんの人が居るならば、それだけたくさんの考えがある」という意味になります。
十人十色の意味と似ていることわざをもう一つご紹介します。
「No snowflakes fall in the same spot(雪片は全く同じ場所には落ちない)」という表現です。沢山の雪のひとひらひとひらが同じ場所に重なって落ちない様子から、地球上にはたくさんの人々がいるのに全く同じ人はいないということわざになります。
単純に「Everyone is different(みんな違う)」でもいいと思います。
全く同じ表現がない分、色々英語表現ができますね。

「十人十色」の類義語

  • 各種各様(かくしゅかくよう)
  • 各人各様(かくじんかくよう)
  • 百人百態(ひゃくにんひゃくたい)
  • 千差万別(せんさばんべつ)

各種各様とは「一つ一つが、それぞれ異なった種類・状態であること」、各人各様とは「一人一人が、さまざまであること」、百人百態とは「人それぞれが、それぞれなりのようすで、みんな違うこと」、千差万別とは「それぞれがきわめてさまざまに異なっていること」という意味になります。
類義語ですので意味はとても似ていますが、「各種各様」と「千差万別」は人自身に対してというよりは、人の考えなどに対して使うことが多い言葉になります。

 

「十人十色」の使い方

最後に使い方について例文でご紹介していきます。

【例文】

  1. 「人は十人十色なのだから、変わっていると言われても気にしない方がいい」
  2. 「これを選ぶ人は居ないと思っていたが、やはり好みは十人十色だ」
  3. 「うちのクラスは個性的な人が集まっている、まさに十人十色だ」
  4. 「異性の好みは十人十色だからモテることは重要ではない」
  5. 「十人十色なのだから無理して合わせる必要はない」

上記のように「〇〇だ」というような形で使います。
人の考えなどにも使いますが、人自身(人の個性)に対して使うことが多いです。

 

みんな違ってみんないい

「十人十色」についてご紹介してまいりましたがいかがでしたでしょうか。
人それぞれの個性を尊重する素敵な言葉ですよね。私が小学校の時のクラス文集のタイトルが「十人十色」でした。「みんなちがってみんないい」という詩も十人十色を表す詩です。
浮いてしまうのが不安で人に合わせて個性を押し殺してしまうのはもったいないことですよね。
十人十色という考えを大事にしていきましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください