「過大評価」とは?意味や英語・類語表現!【使い方の例文つき】

「あの有名俳優は過大評価されている。」と聞くと、あなたは俳優にどんな印象を抱きますか。ドラマで彼の演技を見ても、あなたは満足できないかもしれません。「過大評価」は日常生活の中やメディアで一度は耳にしたことのある言葉ですね。馴染みのある「過大評価」はどのような意味で、どんな場面で使われるのでしょうか。
この記事では「過大評価」の読み方・意味・語源はもちろん、英語・類義語表現と使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

 

「過大評価」の意味や語源

「過大評価」の意味

「過大評価」は、「かだいひょうか」と読みます。
「過大評価」とは「物事や人を実態よりも高く見積もり、評価すること」という意味です。
「過大」とは「実態よりも大きく見積もられ、実際とかけ離れていること」を表します。つまり「過大評価」は、実物よりも大きくかけ離れて高評価を受けていることなのですね。
「過大評価」は「過大」と「評価」の2つの語が複合してできた言葉です。
対義語には「過小」があります。「過小」とは「実態よりも小さく見積もられ、実際とかけ離れている様子」を示します。「評価」は、「どれだけの価値があるか見積もること、見定めること」です。

スポンサーリンク

「過大評価」の英語表現と類義語

「過大評価」の英語表現

「過大評価」は、英語で以下のように表すことができます。

  • overestimate one’s value(価値を過大評価する)

「estimate」とは「評価する」という意味の英単語です。接頭辞の「over」は「~を超えて、~の上に」の意を表すので、「overestimate」とは実際よりも上に評価するという意味になります。以下の例文のように使えます。

【例文】

  • He overestimates his value.(彼は自分の価値を過大評価している。)

「過大評価」の類義語

「過大評価」の類義語は、以下の言葉です。

  • 自信過剰(じしんかじょう)
  • 誇大妄想(こだいもうそう)

「自信過剰」は、自分の実力に対して自信が大きく上回っていることを意味します。「過大評価」は相手や物を対象にも使えるのに対し、「自信過剰」は自分自身のみが評価の対象です。
「誇大妄想」とは現実から逸脱して自分を過剰に評価し、「実際には持っていない地位や能力があると思い込んでいる状態」を指します。
どの言葉も「実力よりも能力、価値を高く見積もっている」という点で共通した意味を持っていますね。

 

「過大評価」の使い方

それでは、「過大評価」の使い方を例文で見ていきましょう。

【例文】

  1. 「あなたは私を過大評価していますよ。」
  2. 「彼は過大評価されるばかりで、ちっとも成果を出さない。」
  3. 「新しい理論は誤謬が多く、過大評価されている。」
  4. 「能力の低い人ほど、自分を過大評価する傾向にある。」
  5. 「社長は自社を過大評価し新規事業を立ち上げたが、大きな誤算だった。」

「過大評価」は日常会話ではもちろん、新聞・テレビでも頻繁に耳にする言葉ですね。
人物の能力・地位はもちろん、出来事の結果や学問などの事物も過大評価される対象になります。特に、周囲からの評判がいい割に実力が伴っていない時によく好まれる表現です。

こちらも「過大評価」同様に、中身と外見が伴っていない四字熟語です。是非参考にしてください。

 

評価に見合う働きをしよう

自分の能力や今までの実績に自信を持つのは、とてもいいことです。しかし、実力以上に能力を見積もることは実態が露呈した際に周囲からガッカリされたり、信頼を失ったりする事態を引き起こす可能性もあります。
自分自身と真摯に向き合い、周囲からの評価に見合う成果を出していくことで、自然と周りからの評価は上がっていくでしょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください