「快刀乱麻」の意味や由来。例文による使い方【英語・類義語表現】

あなたは、目の前で厄介な事柄が起こったとき、どのように対応しますか?
自分自身のことでこじれた問題でも、なるべくなら関わりたくない、そんな風に感じてしまうのは決して珍しいことではありません。
しかし、厄介なことも、すばやく処理が出来る人に出会ったときや、自分がすばやい処理の出来る人であるなら、それほど心強いことはありません。
この記事では「快刀乱麻」の意味や英語・類義語、例文による使い方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

 

「快刀乱麻」の意味は?語源は?

「快刀乱麻」という四字熟語は「かいとうらんま」と読みます。「かいとう」と聞けば、つい「怪盗」の文字が浮かびますが、テストに出題されて間違えないように、覚えておくといいですね。

「快刀乱麻」の意味は?

「快刀乱麻」とは「こじれた問題などを速やかに処理する」という意味です。「刀」や「麻」といった漢字から、物づくりの要素を持つ意味なのかと想像しがちですが、そこから繰り出される意味の深さも四字熟語のおもしろさなのでしょう。

「快刀乱麻」の語源は?

次に「快刀乱麻」の語源について見ていきましょう

  • 「快刀」・・・とてもよく切れる刀を表した漢字
  • 「乱麻」・・・もつれた糸・麻を表した漢字

「快刀乱麻」の由来は、中国北斎王朝の高歓が子どもたちの性格を見る為、もつれた糸をほどくよう渡しました。そのとき、次男は即座に「乱は斬るべし」と刀でもつれた糸を斬ったのです。
つまり、「とてもよく切れる刀でもつれた糸・麻を切る」という二つの合わせた意味は「とてもよく切れる刀=すみやかに処理する」「もつれた糸・麻=こじれた問題」と、現在の「快刀乱麻」の「こじれた問題をすみやかに処理する」意味に置き換えられたのです。

スポンサーリンク

「快刀乱麻」を英語・類義語で表現してみよう

それでは次に「快刀乱麻」を英語・類義語で表現すると、どのようなものになるのかご紹介していきます。

「快刀乱麻」の英語表記

「快刀乱麻」を英語で表現すると、以下のようになります。

  • sharp sword rammer
  • cut the Gordian knot

【例文】

  • That was a cutting the Gordian knot type of solution(それは快刀乱麻を断つような解答でした)

このように英語表記で表すときも、斬るを意味する単語の「cut」を用いるとわかりやすくなります。

「快刀乱麻」の類義語

また「快刀乱麻」の類義語にはどのようなものがあるのでしょうか

  • 一刀両断(いっとうりょうだん)
  • 一手に引き受ける

こじれてしまった問題を、迷いなく断ち切り解決する意味を表す漢字として、刀が多く用いられるのは、切れ味の良さが判断力を表現するアイテムとして古代では型にはまったのではないかと考えられますね。

 

「快刀乱麻」の使い方と例文

それでは「快刀乱麻」を使った例文をいくつかご紹介していきます。

【例文】

  1. 「彼の快刀乱麻な仲裁は見事なものでした」
  2. 「社内でおきた問題に対し、快刀乱麻な解決をさせたのは、意外にもおとなしい彼女で  した」
  3. 「時代劇には快刀乱麻な主人公が多く登場します」
  4. 「我々は、快刀乱麻を断つように依頼を解決します」
  5. 「彼は、友達の夫婦喧嘩を快刀乱麻を断つがごとく解決した」

この例文のように、こじれた問題を解決したいときに用います。また「快刀乱麻を断つ」という使い方をすることも多く見られます。

「快刀乱麻」に似た表現として、以下の四字熟語もあります。

「率先垂範」とはどんな意味で使い方をする?例文や英語・類義語表現をご紹介

「泰然自若」の意味や由来。例文や類義語・対義語・英語の四字熟語をご紹介

 

現代社会への警鐘

ここまで「快刀乱麻」について解説してきました。
書籍や映画など数多くの作品に登場する名探偵や奉行は、無理難題なことも笑顔で拍手をしてしまう、心が晴れ晴れとするような解決策をみいだしてくれます。
現代では、社会問題がうやむやに終わらせてしまう傾向にあります。どこかスッキリしないことが多い今だからこそ「快刀乱麻」に解決してくれるリーダーを、他人任せにせず、わたしたちが見極めていかなければならないのです。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください