「気宇壮大」の意味や由来!使い方の例文を確認して座右の銘にしよう!

私たちが暮らしている、地球。宇宙の中ではほんの小さな星かもしれませんが、私たちが生きていられるのも地球があってこそだと思うと、改めて日常に感謝したくなりますよね。
こんな広大な陸や海がちっぽけに見えてしまうほど大きなのが、宇宙です。
今回はそんな宇宙に関連した四字熟語、「気宇壮大」についてです。御覧の通り、宇宙の「宇」の字が入っている四字熟語ですね。
ただし、直接的に宇宙の事について述べられた四字熟語ではなく、そのとてつもない広さを上手に表現に取り込んだ四字熟語なのです。一体どのような使われ方をしているのでしょうか。
この記事では「気宇壮大」の意味や語源、英語・類義語表現や例文による使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

「気宇壮大」の意味や語源

「気宇壮大」という言葉の中で最も馴染みのある言葉は「壮大」という部分ですよね。
まずは「気宇壮大」の成り立ちや意味から押さえていきましょう。

「気宇壮大」の意味とは?

まず読み方ですが、「気宇壮大」は「きうそうだい」と読みます。そのままの読み方なので、言葉を知らなくても読める人が多い言葉ですよね。
「気宇壮大」とは「物事に対する発想やアイデアが人並外れて大きく立派であること」「心意気や度量が他に類を見ないほど大きいさま」という意味です。

上記の意味からも分かるように、「壮大」という言葉は私たちが持っているイメージ通り「広大」や「大きい」というような意味として使われていますね。
では次に、「気宇壮大」の語源についてもう少し深く掘り下げてみましょう。

「気宇壮大」の語源

「気宇壮大」の語源は、大きく二つのパートに分けられます。

  • 「気宇」とは、「心の広さ」や「物事に対する心の持ち様」という意味
  • 「壮大」とは、「人並外れて大きい」や「大きくて立派である」という意味

この二つが相まって「気宇壮大」の意味が成り立っているというわけですね。

スポンサーリンク

「気宇壮大」の英語・類義語

では次に、「気宇壮大」の色々な表現をご紹介していきます。
同じような意味を持つ四字熟語や、英語で表現した場合にどのような言葉が使われるかを見ていきます。

「気宇壮大」の英語表現

「気宇壮大」を英語で表現すると、下記のような表現がとても便利です。

  • magnanimous in one’s attitude of mind
  • grand in one’s idea or mind-set

長くて難しい単語が出てきましたが、実はこの「magnanimous(壮大な)」さえ押さえておけば問題ありません。
一緒に、下記の単語も一緒に学んでいきましょう。

  • attitude・・・態度
  • grand・・・大きい、広大な
  • mind、mind-set・・・心構え、心持ち

以上の単語もまさに「気宇壮大」を表現するために必要ですね。
また、「one’s」には気宇壮大な「人物」を当てはめるようにします。
例えば、「magnanimous in his attitude of mind」となった場合は「彼の気宇壮大さ」というようになるというわけです。この英文法も覚えておくと他の場面でも役に立つので便利です。

「気宇壮大」の類義語

「気宇壮大」の他にもまだまだ同じ意味の四字熟語が存在します。
例えば、下記のようなものもメジャーな四字熟語と言えます。

  • 幕天席地(ばくてんせきち)
  • 抜山蓋世(ばつざんがいせい)
  • 気宇軒昂(きうけんこう)

これらの四字熟語は「気持ちが大きいこと」「何ごとにも勢いがあること」という意味合いを持っており、「気宇壮大」と非常に近いニュアンスを兼ね備えています。併せて覚えておくと表現の幅が広がりますよ。

「抜山蓋世」の記事はこちらをご覧ください。

 

「気宇壮大」の使い方

最後に、「気宇壮大」という四字熟語が実際どのように使われるのか、例文と共に紹介していきます。

【例文】

  1. 「これは実に10年をかけて取り組む気宇壮大なプロジェクトだ。力を合わせて頑張ろう。」
  2. 「彼の気宇壮大な姿勢にはいつも脱帽させられるよ。」
  3. 「私は先生の気宇壮大な価値観に憧れて弟子入りしました。」
  4. 「身長140cmの君がバレーボール選手になりたいなんて気宇壮大な夢だね。頑張れよ!」
  5. 「楽器を初めてまだ1か月の私だけど、いつか全国大会で金賞を取りたいわ!夢は気宇壮大なものにしなきゃ。」

このように、「気宇壮大」は前向きな表現として取り入れられることが非常に多い四字熟語です。
仕事上でも趣味の場でも、様々なシーンで取り入れられるので是非使ってみてくださいね。

 

「気宇壮大」な意識を持つことの大切さ

当たり前の日常生活を送っていると、どうしてもありきたりな考えに偏りがちですよね。
時には、「ちょっと無理があるかな…」というようなことにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。例文でもご紹介したように「気宇壮大な夢を持つ」ということは、人生において時に必要なことかもしれません。
マンネリした日常生活にスパイスを取り込むためにも、一度自分だけの「気宇壮大な〇〇」について考えてみると、彩り豊かな人生を送れるかもしれません。
彩り豊かな彩り豊かな日々が送れるかもしれませんね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください