「虎視眈々」の意味や読み方とは?英語や類語、使い方の例文をご紹介

「虎視眈々」と一見しただけでは読み方も良くわからない…という方、多いのではないでしょうか。
実はこの「虎視眈々」、誰もが一度は聞いたり、自分が口に出したりしたことがある四字熟語なんです。
漢字になると意外とわかりにくいかもしれませんが、日常生活でもよく使う言葉だからこそ正しく理解していきましょう。
この記事では「虎視眈々」の意味や語源、英語・類義語表現や例文による使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

 

「虎視眈々」の読み方、意味や語源とは

それでは早速、「虎視眈々」について少しずつ紐解いていくことにしましょう。
まずは、読み方と意味についての解説です。

「虎視眈々」の読み方と意味

「虎視眈々」は「こしたんたん」と読みます。
読み方が分かるだけでぐっと身近に感じられたのではないでしょうか。

「虎視眈々」とは、「自分の野望を遂げるために、隙さえあればすぐに狙おうと機会をじっと探っている様子」という意味になります。
まさに、虎が草木に隠れて獲物を狙っているような様子がイメージできますよね。
それもそのはず、「虎視眈々」は次のように分解できるのです。
「虎視」とは「虎が獲物に向かって鋭い目つきで様子を伺っていること」
「眈々」とは「にらむ、見下すこと」
「虎」を「こ」と読むのが難しいかもしれませんが、白い虎のことを「白虎(びゃっこ)」と読むことを考えれば意外とすんなり受け入れられるのではないでしょうか。
また、「眈々」は「眈眈」と書いてもOKです。「々」は、漢字を繰り返すときに使う記号なので、結局 「眈」と同じだと思ってください。

「虎視眈々」の由来

「虎視眈々」という言葉が初めて登場したのは中国の「易経」という書物の中でした。
その中には、下記のような文章があります。
「虎視眈々たり、其の欲遂々(ちくちく)たり」
つまり、「虎が獲物を狙うように欲望をたくましく持ったとしても問題はない」という意味の文章で使われました。
意味も現在に伝わるものと全く変わりない用法なんです。長い年月が経っても意味が変わらないって、本当にすごいことですよね。

スポンサーリンク

「虎視眈々」の英語・類義語

読み方や意味が分かってくると、少しずつ「虎視眈々」との距離が縮まった気がしてきましたね。
次に紹介するのは、「虎視眈々」の英語での表現方法、そして類義語です。
色々な表現方法を知って、「虎視眈々」の理解をより深めていきましょう。

「虎視眈々」の英語表現

「虎視眈々」を英語で伝えたい時は、下記のように伝えてみましょう。

  1. aim to ~(~を狙う)
  2. be eager to~(~を熱望する)
  3. bide one’s time(機会が訪れるまで待つ)

上記3つからもわかるように、実は「虎視眈々」をそのまま英語に直すということは実は難しいんです。
使い方としては、対象物を特定したうえでそれを「狙う」「嘱望する」という意味の上記の例を使うという形が一番「虎視眈々」という表現に近いと言えます。
それぞれの上記英語を使ってみると、このような文章が作れます。
日本語訳は全て「彼は虎視眈々と彼女を狙っている」です。

【例文】

  1. He is aim her to be his girlfriend.
  2. He eager her to be his girlfriend.
  3. He bides his time to get his girlfriend.

この例文のように、直接「虎視眈々」を訳すことができなくても、ニュアンスを伝えることが大事なんですね。

「虎視眈々」の類義語

次に、「虎視眈々」の類義語には以下のようなものがあります。

  • 垂涎三尺(すいぜんさんじゃく)
  • 野心満々(やしんまんまん)
  • 竜驤虎視(りゅうじょうこし)

どの類義語も、使い方としては主語を形容しても良いし「垂涎三尺と~する」というように述語を形容しても良いでしょう。もちろん単体でも使えるので、万能な四字熟語ですね。
では最後に、実際にどういう風に使えばよいのか、例文と共に知っていきましょう!

 

「虎視眈々」の使い方

「虎視眈々」の使い方として参考にしてほしいのは、下記のような例文です。

【例文】

  1. 「私はお母さんのあの可愛いバックを譲り受ける機会を虎視眈々と狙っている」
  2. 「彼は時期社長の座を虎視眈々と狙っている」
  3. 「彼は一見おとなしそうだけど、虎視眈々と世界進出を狙っているんだ」
  4. 「彼の虎視眈々とした目つきを感じるといつも背中がぞっとするよ」
  5. 「今こそあの一番大きいカブトムシを捕らえるチャンスだ。虎視眈々と待っていた甲斐があったぞ」

このように、何か手に入れたい物事を得るために機会を待っている、という表現をしたいときにとても役に立つ四字熟語です。

「虎視眈々」にはこちらの四字熟語もセットで使われることがありますので、是非合わせてご覧ください。

 

身近な四字熟語

この記事では身近な四字熟語「虎視眈々」について解説していきましたがいかがでしたでしょうか。
身近に感じる四字熟語ほど、実は分かった「つもり」になっていて実際はそんなに深く理解しているわけではない、ということも多いかもしれません。なので、良く見聞きしたことがある四字熟語こそ、改めて深く知っていくと面白い発見があって、知ることを楽しめると思います。虎視眈々についても、是非今回の記事を参考にしてあなたなりに理解を深めてみてくださいね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください