「門外不出」の意味とは?英語&類語、使い方を例文でチェック!

新聞記事に「門外不出の作品がついに公開!」という見出しが踊ることがありますね。
日常会話では聞き慣れませんが「門外不出」は、今でもよく使われている四字熟語です。
一体どんな意味や場面で、使われる言葉なのでしょうか。
この記事では「門外不出」の読み方・意味・語源はもちろん、英語・類義語表現と使い方の例文をご紹介します。

 

「門外不出」の読み方、意味や語源

「門外不出」の読み方・意味

「門外不出」とは、「もんがいふしゅつ」と読みます。
「門外不出」とは、「優れた技術や貴重な芸術品を厳重にしまっておき、めったに人に見せたり貸したりせずに保存しておくこと」という意味です。
「門外」は、家の門の外、敷地外を表します。「不出」は、外へ出さないことを意味します。門外不出の品は、他の人には見せられないほど価値が高いものなんですね。

「門外不出」の語源

「門外不出」は「大切な品を外へ持ち出さないこと」を表しています。
「門」は家の前にある出入り口を指すこともありますが、この場合は「家の敷地内全体」のニュアンスを含んでいます。「門」とは場所そのものだけでなく、「ある事をするために通らなければならない過程」という抽象的な概念も示しています。

 

「門外不出」の英語表現と類義語

「門外不出」の英語表現

「門外不出」は、英語で以下のように表すことができます。

  • unique and secret(唯一で秘密である)
  • confidential thing(機密事項)

「unique」は、「他にない、ひとつしかない」という意味の英単語です。また、「secret」は「秘密である、隠されている」という意味を表し、「門外不出」の意を示します。
「confidential」とは、「信頼の厚い」という意味から転じて、「秘密の、機密の」という意味で使われます。例えば、「confidential talk」は打ち明け話という意味になります。
「門外不出」の意味は、英語では一味違った表現を表されていますね。

「門外不出」の類義語

「門外不出」の類義語は、以下の言葉です。

  • 一子相伝(いっしそうでん)
  • 他言無用(たごんむよう)

「一子相伝」は、代々受け継がれる学問や技術を後継者の子どもひとりのみに伝えて、他には決して口外しないことです。「相伝」とは、代々伝えていくことを表す言葉です。
「他言無用」は、秘密事項を部外者に言い漏らしてはならないという意味の熟語です。「今回の内容は他言無用でお願いします。」というように用います。
「門外不出」が価値の高い美術品など物を見せないようするのに対し、「他言無用」の場合は、話の内容を秘密にしておく際に使われるため注意しましょう。

 

「門外不出」の使い方

それでは「門外不出」の例文による、使い方を見ていきましょう。

【例文】

  1. 「この蔵には、門外不出の秘仏が収められている。」
  2. 「門外不出の古文書が博物館に寄贈された。」
  3. 「門外不出の絵画といわれていたが、結局偽物であった。」
  4. 「門外不出の秘伝を弟子に教え伝える。」
  5. 「貴重な美術作品は、門外不出でお願いします。」

「門外不出」は、主に書き言葉でよく用いられる言葉です。美術品、秘伝の技術など値打ちがあるものに対して、物事の貴重さをアピールするために「門外不出の品」と呼ぶこともあります。「門外不出」と言われたら、きっとその品は他人に見せたくないほど価値のあるものだと言えますね。

 

貴重なものは大切にしまおう

有名な画家ピカソの代表作「ゲルニカ」は、絵画の保存のために他の美術館や展覧会に出品されることはなく、美術館に門外不出のまま大切に保管されています。
貴重なものを外に持ち出し人目に公開する行為は、どうしても破損・劣化・盗難のリスクが高まってしまいます。世界にひとつしかないもの、価値の高いものはなるべく人目に触れない場所に置いておきたいですね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください