「無味乾燥」の意味や使い方とは?英語・四字熟語の類語【例文あり】

「味がある」とか「面白い」などと人から言われると、なんだか嬉しくなりますよね。しかし反対に「つまらない人」や「興味がない」などと言われると、否定されたような気分で非常に悲しくなります。
さて、興味がないことを表す四字熟語に「無味乾燥」という言葉がありますが、なんだかパサついた味気のない食べ物のような気がしますね。普段の生活であまり聞かない言葉ではないでしょうか。
この記事では明日から使えるように「無味乾燥」の意味や語源、英語類義語の表現や使い方の例文を解りやすくご紹介していきます。

スポンサーリンク

 

「無味乾燥」の意味と語源

「無味乾燥」の意味

まず読み方ですが、「無味乾燥」は「むみかんそう」と読みます。
ではどのような意味の言葉なのでしょうか?小学生でも解るように紐解いてご紹介します。
「無味乾燥」は「なんの面白みも味わいもない様子」という意味です。
「無味」とは「味、うまみがない」「面白み、風情がない」ことで「乾燥」は「物の水分が無いこと」「乾く、物事に潤いや趣がない」ということの意味です。
「無味乾燥」は味も素っ気もない人や場所、話などのことを例えた言葉です。

「無味乾燥」の語源

「無味乾燥」の語源をご紹介します。
この「無味乾燥」は中国春秋戦国時代の思想家、老子の思想です。
老子は同じく中国春秋戦国時代の思想家である孔子の儒教を非難していました。
孔子の「学問を学び人徳のある物として生きることで国と民を救い、政治を行っていく」という思想を「世界の万物は人を慈しむ心を持っておらず、人間になど興味はない。たとえそれが人徳を持った人であっても民のことなどには関心がない。それは祭りなどで使う飾りの人形を、祭りのあとにうち捨てることと同じくらいに、国や民に興味がなく何の感情もない」と老子は言いました。
興味が無いや感情が無いことから、この老子の言葉を「無味乾燥」と言うようになりました。食べ物には全く関係がありません。
老子は「この世の中は無情である」ということを言っているのですね。

スポンサーリンク

「無味乾燥」の英語表現と類義語

「無味乾燥」の英語の表現

では「無味乾燥」の英語表現をご紹介します。

  • Dry(乾いた)
  • dull(退屈な)
  • boring(鈍い)
  • uniteresting(興味がない)

「dull」と「uniteresting」の例文は以下のようになります。

【例文】

  • he is dull and uninteresting(彼は退屈で興味がない)

「interesting」は面白いという意味で「uninteresting」と「un」という否定の語が付くことで反対の意味になります。

「無味乾燥」の類義語

次に「無味乾燥」の類義語をご紹介します。

  • 興味索然(きょうみさくぜん)
  • 無味単調(むみたんちょう)

「興味索然」は「関心が無くなって面白くない様子」です。
「無味単調」は「無味乾燥」とよく似ていますが「面白みがなく、変化のない単純なこと」です。

 

「無味乾燥」の使い方

「無味乾燥」の意味を理解したところで、例文をご紹介いたします。

【例文】

  1. 「君の提案は無味乾燥で話にならない」
  2. 「この前、先輩に無味乾燥な人だと言われてショックを受けた」
  3. 「この本は勉強になると思って借りたけれど、とても無味乾燥で読む価値がない」
  4. 「無味乾燥と言われないように色々な知識を得たい」
  5. 「この素晴らしい景色をみて無味乾燥とは君の方がつまらないな」

やはり「無味乾燥」と言われると、自分を否定された気持ちになって落ち込みますね。

 

「無味乾燥」な人間はいない

「無味乾燥だ」と言われると、つまらない人と言われているようで悲しい気持ちになりますね。しかし人間は色々な考えの人がいて、個性はすべての人間が持ち合わせています。
それを表に出すか出さないかで、「面白い」「面白くない」を他人が勝手に判断しているだけです。「無味乾燥」な人間などいないのです。
自分の考えをいつもと違う方法で表現してみると面白みが出るのではないでしょうか。
「無味乾燥」は言われるとショックを受ける人がいるので、人に対してはあまり使わないほうが良いでしょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください