「岡目八目」とは?意味や由来、使い方の例文!「傍目」との違いも解説

小さい頃、テレビチャンネルの権利は父のものでした。野球のナイターがある時、ボクシングの試合、相撲の・・・見たいテレビ番組をことごとくスポーツに邪魔をされていました。
そして、父はごろ寝や晩酌をしながら試合の状況を解説します。
こんな感じの人はたくさんいますよね。傍から見て色々と意見を言う人です。
的を射ている意見であればいいのですが、父の解説は的を射ているとは言い難かったです。
第三者が傍から意見を言うことを、「岡目八目」と言います。
この記事では、「岡目八目」の意味や語源、英語・類義語の表現や使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

「岡目八目」の意味と語源

「岡目八目」の意味

それでは「岡目八目」の意味をご紹介します。
まずは読み方ですが、「岡目八目」は「おかめはちもく」と読みます。
「岡目八目」とは「当事者よりも第三者の方が物事の本質を理解して、情勢や利害損失を判断できる」という意味です。
物事を当の本人より周りで見ている者の方が理解しているという状況を言います。

「岡目八目」の語源

続いて「岡目八目」の語源をご紹介します。
「岡目八目」とは、囲碁から出た言葉です。
囲碁をやっている本人は夢中になっていて先が読めないこともあるけれど、囲碁を傍で見ているものは冷静に状況を判断することができ、八目先の状況まで読めることがあるということで「岡目八目」と言われるようになりました。

「岡目」とは「傍目」と書くこともあります。現代では「傍目」を「はため」という読み方をします。「傍目から見て」などと使われますが、「岡目」も「傍目」も「わきから見ていること。第三者の立場で見ること」という意味です。
「八目」とは囲碁の碁盤の目を表した言葉で、8個先の碁盤の目の状況も予想がつくことを言います。
囲碁に限らずスポーツなどでも、やっている本人よりもそばで見ている人の方が冷静に状況を判断することができますよね。
そのようなことを「岡目八目」と言うようになりました。

スポンサーリンク

「岡目八目」の英語表現と類義語

「岡目八目」の英語の表現

次に「岡目八目」は英語でどのように表現されているのかご紹介します。
以下の文はすべて「岡目八目」を英語で表したものです。

  • bystander’s vantage point
  • Lookers-on see most of the game.
  • Onlookers see more than the players

【例文】

  • The person who says onlookers see more than the players(岡目八目というような人)
  • It is onlookers see more than the players(それは岡目八目だ)

「Onlookers see more than the players」は、「見物人は競技者よりも多くを見ている」という直訳になります。

 

「岡目八目」の類義語

「岡目八目」と似た意味や構成を持つ言葉をご紹介します。

  • 傍目八目(おかめはちもく)
  • 灯台下暗し(とうだいもとくらし)

「傍目八目」は漢字が違うだけで、意味は同じものです。
四字熟語ではありませんが、「灯台下暗し」は「灯台のすぐ下は暗いところから、身近なことははかえって見えにくく、わかりにくい」という意味です。

 

「岡目八目」の使い方

最後に、「岡目八目」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「サッカーの試合を見ていると、周りの傍観者はみんな岡目八目だ」
  2. 「君が同僚の女の子を好きなのは、岡目八目だ」
  3. 「岡目八目の立場でいる方が、よく状況が見える」
  4. 「彼は当事者のくせに、いつも岡目八目のように離れたところから観察し始める」
  5. 「第三者の意見も岡目八目で聞いておくと、違った方向から見えてくるよ」

「岡目八目」は、傍からみた目線を表す時に使用すると良いでしょう。
「岡目八目(だ)」「岡目八目(のよう)」などと使用される場合が多いですね。

 

関係者以外の意見も大切

「岡目八目」は当事者よりも近くで見ている人の方が状況をよく把握できることがあるという意味で使用されますので、物事の議論などで「専門家の意見ばかり聞くよりも、専門家や関係者以外の意見も聞いてみるのも大切である」ということです。
目からうろこの意見がでてくるかもしれません。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください