「千紫万紅」の意味や由来とは?使い方の例文や英語訳と類語をわかりやすく解説!

あなたは「せんしばんこう」と聞いて「千紫万紅」を思い浮かべますか?
それとも「千思万考」を思い浮かべますか?同じ読み方でも「千紫万紅」は華やかで美しいイメージですが、「千思万考」は静かに思い悩むようなイメージで意味は全く違います。どちらかといえば「千思万考」な毎日よりも「千紫万紅」な毎日を送りたいものです。
この記事では華やかなイメージのある「千紫万紅」の意味や語源、英語・類義語表現や例文による使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

 

「千紫万紅」の意味や由来

「千紫万紅」の意味

それでは読み方から確認していきます。
「千紫万紅」は「せんしばんこう」と読みます。漢検4級の四字熟語です。
「千紫万紅」の意味は「多種多様な色の花が咲き乱れること」です。

「千紫万紅」の由来

四字熟語に度々登場する「千」や「万」という数字は、数が多いことを表します。「紫」や「紅」は多種多様な色を表しています。
これらの漢字を組み合わせているので、多種多様な色の形容として使われることもあります。必ずしも「花」という訳ではありません。

スポンサーリンク

「千紫万紅」の英語訳と類義語

「千紫万紅」の英語訳

それでは、「千紫万紅」の英語訳を例文を用いてご紹介します。

【例文】

  1. The garden is now covered profusion of flowers. (その庭は今、千紫万紅だ。)
  2. The park is alive with all sorts of flowers. (その公園は千紫万紅のながめである。)

「千紫万紅」と同じ意味の慣用句は無いので多種多様の花が咲き乱れている風景をそのまま英語に訳しました。
1の「covered profusion of flowers」は「豊富な花でおおわれている」という意味で、
2の「alive with all sorts of flowers 」は「多種多様の花で満たされる」という意味です。

「千紫万紅」の類義語

次に「千紫万紅」の類義語を紹介していきます。

  • 百花繚乱(ひゃっかりょうらん)
  • 千紅万紫(せんこうばんし)
  • 万紫千紅(ばんしせんこう)

ちなみに、「千紫万紅」「千紅万紫」「万紫千紅」こちらの三つは漢字の順番を入れ替えただけの類義語です。
どれか一つだけ知っていると、他の物を間違いだと勘違いしてしまいそうですが、すべて正解なのでぜひ覚えておいてください。

 

「千紫万紅」の使い方

「千紫万紅」の使い方を例文を用いてご紹介します。

【例文】

  1. 「この庭園は春になると千紫万紅の花が咲き乱れて、本当に美しい。」
  2. 「祖母は庭の手入れが趣味で、窓からの景色はいつでも四季折々の花々が色どり、まさに千紫万紅となっている。」
  3. 「小学校の運動会の集団演技は衣装がとてもカラフルだ。子供たちの踊る姿は千紫万紅の花のようで心が弾む。」
  4. 「マンションのベランダではプランターで少しの花を育てるのが精いっぱいだが、いつかはマイホームを建てて千紫万紅に咲き誇る花を育ててみたい。」
  5. 「この花屋の店先にはいつも千紫万紅の花が飾られていて、見ているだけで心が躍る。」

3の例文のように、カラフルで可愛らしいものや美しいものを例えて表現するのもいいですね。夏祭りでの花火や女性の浴衣姿を例えるのも素敵です。

 

「千紫万紅」の花を育てる楽しみ

忙しい毎日、日々の生活で疲れてしまうこともありますが、「千紫万紅」の花に囲まれれば自然に心が癒され活力が湧いてきますよね。
その花が心を込めて自分が育てたものだとしたら、なおさら心が満たされるのではないでしょうか。
広い庭があれば、ぜひガーデニングに挑戦してみたいものです。
また、自宅に庭が無くても近くの公園やショッピングモールなどに出かけて「千紫万紅」のスポットを探しに行くのも楽しいですね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください