「四苦八苦」の意味や仏教による由来!使い方の例文と類語の四字熟語3つをご紹介!

先日のことです。売る予定していた商品を急に買うことが出来なくなり、納期に間に合わせるためにあちこち問い合わせ「走り回ってなんとか手元に届き納期ギリギリに間に合わせることが出来た」ということがありました。
出来ると思っていたことが突然できないと、誰しも慌てますよね。そのための労力は大変で大きなものです。「苦労があって喜びが増す」なんてこともありますが、余計な苦労はできるならしたくないもの本音です。
この記事では、「四苦八苦」の意味や語源、英語・類義語表現や例文を用いた使い方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

「四苦八苦」の意味と語源

「四苦八苦」の意味

まずは読み方ですが、漢数字の入った四字熟語の読み方は簡単なようで間違いやすいので気をつけましょう。この「四苦八苦」は「しくはっく」読みます。
「四」は「よん」「八」は「はち」と読んでしまいそうにもなりますね。
「四苦八苦」とは、「非常に苦労すること」という意味です。
苦労にも度合いがありますが、非常に強い苦しみを表現したのが「四苦八苦」です。苦労はした方が良いといいますが、度合いによってはしなくても良い苦労もありますね。

「四苦八苦」の語源

「四苦八苦」は仏教用語が由来となっています。

「四苦」は4つからなる苦しみを表します。

  • 「生」
  • 「老」
  • 「病」
  • 「死」

この苦しみに対し、「八苦」は以下のようになります。

  • 「愛別離苦」
  • 「怨憎会苦」
  • 「求不得苦」
  • 「五陰盛苦」

人間は、この世に生まれた時からたくさんの苦しみを味わいます。
生きていることは病気や老いそして死があります。それに生きていると、「愛する人との別れの苦しみ」「憎しみや恨みの苦しみ」「満たされない欲求の苦しみ」「物質的、精神的など5つの要素に執着する苦しみ」という精神的な苦しみを多く感じます。
これも生きるうえでの修行であることを唱えた仏教の教えが、「四苦八苦」の誕生なのです。

スポンサーリンク

「四苦八苦」の英語表現と類義語

次に、「四苦八苦」の英語、類義語にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

「四苦八苦」の英語表現

「四苦八苦」の英語表記には以下のようなものがあります。

  • Have a very hard time.
  • be in a bad way
  • struggling

【例文】

  • He found struggling her.(彼は彼女を四苦八苦して見つけた。)

表現には文法もありますが、ここでは簡単に覚えて使うことができる「struggling」がテストをして出題されても書きやすいので表現してみました。

「四苦八苦」の類義語

「四苦八苦」の類義語には以下のようなものがあります。

  • 「七難八苦」(しちなんはっく)
  • 「七転八倒」(しちてんばっとう)
  • 「艱難辛苦」(かんなんしんく)

どの四字熟語も「苦しみ」や「悩み」などを表していますが、「四苦八苦」と同じ二語が使われている「七難八苦」は全く同じ「八苦」を意味しており、ほぼ同義語と言えるでしょう。
また、「艱難辛苦」のような四字熟語は書くのが難しいので覚えておくといいでしょう。

 

「四苦八苦」の使い方

それでは、「四苦八苦」の使い方について例文を用いて見ていきましょう。

【例文】

  1. 「彼は、迷子の子供を探すのに四苦八苦した。」
  2. 「彼女は四苦八苦しながら、この作品を完成させた。」
  3. 「この場所に来るまでに、四苦八苦したもの地図の書き方が悪い。」
  4. 「子育てに四苦八苦しながらも、子どもの笑顔を見ると癒されます。」
  5. 「起業した当初は四苦八苦したが、今は順調に仕事が回るようになった。」

大変苦労している様子をどの例文からも読み取れます。
「四苦八苦して」「四苦八苦しながら」など、現在進行形や過去形を用いて使うことが多いです。

 

苦労はした方が良いということ

ここまで「四苦八苦」について、ご紹介してきました。
「苦労はした方が良い」と言いますが、それにも程度があるのではないでしょうか。また借金や人間関係など「しなくても良い苦労の重さ」もあるでしょう。
人間は苦労をしないと欲も出なくなります。失いたくないから頑張り、得たいから頑張る、そのための苦労は必ず人間を成長させてくれるものであるから、苦労した人は強く優しいのでしょうね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください