「諸行無常」とは?簡単に意味や使い方の例文をご紹介【英語・類語表現】

あなたは「諸行無常」という言葉をご存じでしょうか。
なかなか日常的に使う言葉ではありませんが、仏教用語というイメージがあるのではないでしょうか。
この記事ではそんな「諸行無常」の意味や語源、英語・類義語表現や例文による使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

 

「諸行無常」の意味と語源

まずは意味と語源についてご紹介していきます。

「諸行無常」の意味

先に漢字の読み方を確認しましょう。
全て音読みで「しょぎょうむじょう」と読みます。漢検5級レベルの四字熟語です。
「諸業無常」や「諸行無情」と漢字間違いをしやすいので気を付けください。

それでは意味をみてみましょう。
「諸行無常」とは「仏教の根本思想で、三法印の一つ。万物は常に変化して少しの間もとどまらないということ」という意味になります。
かみ砕いて言いますと「この世に存在するものは常に変転する。永久不滅なものは全くないですよ。」ということになります。
ちなみに三法印とは仏教教理を特長づける三つの教説のことです。
(「諸行無常」「諸法無我(しょほうむが)」「涅槃寂静(ねばんじゃくじょう)」)

「諸行無常」の語源

それでは語源を確認しましょう。

  • 「諸行」は「もろもろの変化するもの。万物」
  • 「無情」は「いっさいのものが変転して、定まらないこと」

この2つの言葉が合わさり、万物は常に変化していく様を表現するようになりました。
語源と意味を考えると「諸業」や「無情」という漢字間違いはしないで済みそうですね。

スポンサーリンク

「諸行無常」の英語と類義語

続いて、英語表現と類義語についてご紹介していきます。

「諸行無常」の英語

仏教用語は元になっていますが、英語ではどう表現するのでしょうか。

【例文】

  • Everything is ephemeral.(すべてのものは儚い)
  • Nothing remains unchanged.(不変のものはない)
  • Nothing is permanent.(永久的な物はない)

全て「諸行無常」として使っていただける表現になります。
しかしながら「諸行無常」は仏教用語のため、全く同じ表現が英語にはありません。
上記のように意味を直接英語に訳し表現してください。

「諸行無常」の類義語

  • 万物流転(ばんぶつるてん)
  • 無常迅速(むじょうじんそく)

それぞれの言葉をご紹介すると、以下のようになります。

「万物流転」とは「すべての存在は同じ状態であることはなく変化し続けること」、「無常迅速」は「世の中の移り変わりのすみやかなこと」という意味です。
「無常迅速」は「諸行無常」と同じ仏教用語です。

 

「諸行無常」の使い方

最後に使い方について例文でご紹介していきます。

【例文】

  1. 「この町のお店はよく変わり、諸行無常だと感じる」
  2. 「永遠に若い人などいないのだから、あなたは諸行無常ということを知った方がいい」
  3. 「人の命は諸行無常である」
  4. 「大好きなアイドルのメンバーが入れ替わりをするたび諸行無常を痛感している」
  5. 「諸行無常だと、別れたことを受け入れることしかない」

仏教用語のため日常的に使いにくいイメージがありますが、例文のように変化することに対して使うことができます。
ぜひ参考してください。

同じ仏教用語である、こちらの四字熟語もご存知でしょうか。

 

「諸行無常」を受けいれること

私が通っていた高校が仏教の学校だったため、平家物語の冒頭でもある「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。」と唱えるように覚えた記憶があります。
いつまでも若くいたい、商売を始めたらずっと順調でやっていきたい、等の欲は誰にでもあると思いますが、永久不変のものはありませんね。「諸行無常」の概念をしっかり落とし込むとそのような欲を減らし、覚悟をしておくことができますので、この言葉を忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください