「小康状態」とは何か?意味や語源、英語表現・類語!使い方の例文もご紹介

野球の試合を始めて見に行った時は、応援しているチームが点数を沢山取って、それはもう楽しい試合でした。「野球ってこんなに面白いんだ」と思いました。
しかし次に行った試合がどちらのチームも全く点が入らず、動きがなくて「小康状態」で相手がどのように出てくるか、お互いに様子をうかがっているようでした。
見ている方はもどかしい限りです。結局引き分けで試合は終了してしまったのです。
なので、「小康状態」という言葉はあまり良い印象がありません。
この記事では、「小康状態」の意味や語源、英語・類義語の表現や使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

「小康状態」の意味と語源

「小康状態」の意味

それでは「小康状態」の意味をご紹介します。
まずは読み方ですが、「小康状態」は「しょうこうじょうたい」と読みます。
「小康状態」とは、「症状が悪くなっていたものが回復して落ち着いている状態」という意味です。
病気の場合に使用されることが多いです。

「小康状態」の語源

続いて、「小康状態」の語源をご紹介します。
「小康状態」を二語に分けて、ご説明します。
まず、「小康」とは「病いの悪化がとまり、ややよい状態で落ち着いていること」、経済などで「 世の中が一時的に安定していること」という意味があります。
「小」は小さい・少ない・わずかという量を表す言葉で、「康」は安らか・無事・体が丈夫なことを意味します。「小康」は「わずかでも、やすらか」であることを表しています。
次に、「状態」とは「その時、そうなっている様子」という意味です。
「状態」は普段からよく使用される言葉ですね。
「小康状態」は「わずかだけれど、落ち着いている様子」ということです。
病状が落ち着いた場合に使用されることが多いですが、戦争や経済状況でも使用されますしスポーツの試合でも変動が少ない場合に使用することがあります。

スポンサーリンク

「小康状態」の英語表現と類義語

「小康状態」の英語の表現

次に「小康状態」は英語でどのように表現されているのかご紹介します。

  • Lull(小康)

【例文】

  • And maintaining the lull(小康状態を保っている)
  • It was restored to lull(小康状態まで回復した)
  • The storm became a lull(嵐が小康状態になった)

「Lull」はなだめたる・落ち着かせる・静めるという意味があります。
波が穏やかになる時の「凪(なぎ)」という表現にも、「a lull in the wind」というように使用されます。

「小康状態」の類義語

「小康状態」と似た意味や構成を持つ言葉をご紹介します。

  • 病気平癒(びょうきへいゆ)

「病気平癒」とは「病気が完治して回復すること」という意味です。「小康状態」のように幅広い使い方はされません。

 

「小康状態」の使い方

最後に、「小康状態」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「危篤状態を脱し、小康状態に落ち着いた」
  2. 「台風は過ぎたので、小康状態になった」
  3. 「野球の試合はしばしば小康状態になることが多いので、退屈な時がある」
  4. 「戦況は小康状態で、今は静けさが逆に恐怖だ」
  5. 「経済は小康状態を保っているけど、消費税額が上がると大騒ぎになる」

「小康状態」は病状回復で使われますが、お天気・試合・戦争・経済状況の状態を表す時にも便利です。
「小康状態を(保つ)」「小康状態(になる)」などと使用されることが多いですね。

 

良くも、悪くも使える「小康状態」

「お天気が落ち着いている」「病状が回復した」というのは安心できる「小康状態」です。
経済が「小康状態」を保っていたり、戦争やスポーツの試合で「小康状態」だと今後の動きが心配になりますよね。
「小康状態」は使い方によって良い意味であったり、不安な悪い要素が含まれていたりします。
使う場面を間違えないようにお気を付けください。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください