「相思相愛」とは?意味や漢字の語源、英語表現や類語の四字熟語もご紹介!

あなたは恋愛してますか?片思いですか?両想いですか?好きな人を思うことってとても幸せですよね。
「今、どこにいるんだろう?」「何をしているんだろう?」それが、お互いに思い合う仲だと、その気持ちが倍増しますね。
「どこにいるの?私も今から行く」「何してるの?一緒にしよう」と。このように、お互いに思い合うことを「相思相愛」と言います。
この記事では「相思相愛」の意味や語源、英語・類義語の表現や使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

「相思相愛」の意味と語源

「相思相愛」の意味

それでは「相思相愛」の意味をご紹介します。
まずは読み方ですが「相思相愛」は「そうしそうあい」と読みます。
「相思相愛」とは「互いに慕い、愛し合っていること」という意味です。
両想いと同じ意味ですね。

「相思相愛」の語源

続いて「相思相愛」の語源をご紹介します。
「相思」とは「相手を慕いあう」ということ、「相愛」は「お互いを愛し合う」という意味です。
「鴛鴦の契(えんおうのちぎり)」という、ことわざがあります。「鴛鴦」は「おしどり」とも読まれ、「おしどり」は「おしどり夫婦」など仲睦まじい夫婦のことを指します。

昔中国の春秋時代に康王(こうおう)という王様がいました。康王は暴君(ぼうくん)で、人民を苦しめる君主でした。
その康王の家来に、韓憑(かんひょう)という男とその妻がいました。韓憑の妻は美しく康王は妻を無理やり愛人にしたのです。王の愛人にされた妻は逆らうことはできません。
しかし、韓憑は康王に恨みを持ち、康王は逆切れしました。
そして韓憑を昼間は城の周りの守り役、夜は城壁を築く仕事をさせ、寝る間も与えない重い刑に処したのです。
妻は王に気が付かれないよう韓憑にこっそりラブレターを送っていたようですが、厳しい刑に耐えられず、韓憑は自殺してしましました。
妻はそれを知り、後を追うように自殺をし遺書には「夫と一緒の墓に入れてほしい」と書きましたが、康王は暴君ですから、逆上し「貴様らなんか、別々の墓にしてやる~」と墓を隣り合わせにし、「死んで一緒になれるもんならなってみろ!」と言ったそうです。
その数日後、二つの墓の間に木が二本生えどんどん大きくなりました。地下では根が絡み合い、地上では葉や枝が絡みました。
その木の上には鴛鴦(えんおう)が巣をつくり、夫婦の鴛鴦は悲しそうに鳴いたのだそうです。
人々はその木を相思樹(そうしじゅ)と呼び、「相思」とはそこから出来た言葉なのです。

仲の良い夫婦のことを「鴛鴦の契り」といい夫婦以外で使うことは間違いですが、「相思相愛」は好き同志のことなので夫婦に限定はされません。

スポンサーリンク

「相思相愛」の英語表現と類義語

「相思相愛」の英語の表現

次に「相思相愛」は英語でどのように表現されているのかご紹介します。

  • love each other (思いあう)

【例文】

  • We love each other(私たちは相思相愛だ)
  • They love each other(ふたりは相思相愛の仲だ)

「each other」とは、「お互い」という意味で「love(愛)」を付けて「お互い愛し合う」ということですね。

「相思相愛」の類義語

「相思相愛」と似た意味や構成を持つ言葉をご紹介します。

  • 比翼連理(ひよくれんり)

「比翼連理」とは「男女の情愛の、深くむつまじいことのたとえ。相思相愛の仲」という意味です。「比翼」は雄雌の二羽の鳥がそれぞれ目と羽を一つずつ持ち、二羽が一体となって飛ぶことを言います。「連理」はくっついた木のことを言い、離れがたい夫婦を表しています。

「比翼連理」の記事はこちらをご覧ください。

 

「相思相愛」の使い方

最後に「相思相愛」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「幼馴染とは、ずっと相思相愛の仲だと思っていた」
  2. 「相思相愛の二人は、お似合いのカップルだ」
  3. 「彼は、ドラフト会議で意中の球団と相思相愛だということが解った」
  4. 「この会社に入社するときは相思相愛で入社したが、今私は愛想を尽かしている」
  5. 「相思相愛な友人は、私に何かあると飛んできてくれる」

「相思相愛」はお互いを思い合う場合に使用します。
「相思相愛な(間柄)」「相思相愛の(仲)」などと使うことが多いですね。

 

「相思相愛」は恋愛だけじゃない

恋愛だけに限らず、友人との仲や就職活動での会社と個人、スポーツ関係でも「相思相愛」は使用されます。
お互いに必要とし、思いあうときに「相思相愛」を使用してみましよう。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください