「他力本願」とは?意味や語源、わかりやすい使い方の例文で誤用に気をつける!

私は、人任せにしたいことがたくさんあります。毎日の家事や仕事など、「誰か代わりにやってくれないだろうか」と思います。
でも、そんなことできませんよね、自分のことなのですから。
こういうことを「他力本願」と言うようなのですが、なんとなく漢字がしっくりきません。
「本願」ってお寺の名前に付く字じゃないですか?「〇〇本願寺」とか。
では、「他力本願」は本当に人任せの意味合いがあるのでしょうか?
この記事では、「他力本願」の意味や語源、英語・類義語の表現や使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

「他力本願」の意味と語源

「他力本願」の意味

それでは「他力本願」の意味をご紹介します。
まずは読み方ですが、「他力本願」は「たりきほんがん」と読みます。
「他力本願」とは、「自らの修行の功徳によって悟りを得るのでなく、阿弥陀仏の本願によって救済されること」という意味です。
誤用で定着した意味が「自分の力でするのではなく、他人がしてくれることに期待をすること、人まかせ」ということですが、本来の意味とは違います。

「他力本願」の語源

続いて、「他力本願」の語源をご紹介します。
「他力本願」とは浄土教(じょうどきょう)の教えの言葉です。

仏の先生のような存在の阿弥陀如来(あみだにょらい)様の力を借りて「本願」する、すなわち人々が亡くなり極楽浄土へ行って仏さまになろうという願いのことを「本願」というのですが、「他力本願」は「阿弥陀如来様の力を借りて仏さまになる」ということなのです。

今の「他力本願」の意味は、辞書にも「他人任せ、人の力を借りる」というような意味合いが載っており、「他力本願」は良いイメージではありません。
しかし、本来はありがたい阿弥陀如来様のお力添えで成仏できるという意味なのです。
「他力」とは「他人の力」という意味で使われていません。「阿弥陀如来様の力」のことです。

スポンサーリンク

「他力本願」の英語表現と類義語

「他力本願」の英語の表現

次に「他力本願」は英語でどのように表現されているのか、いくつかありますので例文でご紹介します。

【例文】

  • salvation by faith in Amitabha(他力本願)
  • Salvation by faith(他力本願の)
  • It was saved by justification by faith(他力本願で救われた)
  • She is justification by faith(彼女は他力本願だ)

ポイントは「faith」という単語です。「faith」とは「信頼、信用、信念」などの意味があります。「本願」が「faith」の役割になります。

「他力本願」の類義語

「他力本願」と似た意味や構成を持つ言葉をご紹介します。

  • 神風主義(しんぷうしゅぎ)
  • 念仏往生(ねんぶつおうじょう)

「神風主義」とは「自分では何もせずに、他人の行動に任せること」という意味で、「他力本願」の誤用の意味に似ている四字熟語です。
一方の「念仏往生」とは「阿弥陀仏の名号(仏・菩薩の称号)を唱えて、その救いによって極楽浄土に生まれること」という意味で、本来の「他力本願」の意味に似ていますね。

 

「他力本願」の使い方

最後に「他力本願」の使い方を例文でご紹介します。

【本来の意味の例文】

  1. 「君はたくさん努力していたから、目標まで他力本願で仏さまに導いていただけたのだよ」
  2. 「他力本願とは、一生懸命生きた人間に仏さまが手を差し伸べてくれることだ」

【現代の誤用の意味の例文】

  1. 「キャンプの企画をしたけれど、経験がないから他力本願で参加者に任せようと思う」
  2. 「部下にほとんどの準備をさせ、他力本願と言われようとこの仕事は僕が受けたものだ」
  3. 「君はいつも他力本願だから、いざというときは一人で何もできない」

このように、「他力本願」は他人の力を借りて願いが叶うこととして使うことが定番です。
「他力本願(と言われる)」「他力本願で(任せる)」などと使われる場合が多いですね。

 

どちらを使えばよいのか

「他力本願」は本来の仏さまの言葉と、誤用の意味で二通りの使い道があります。
誤用の方がしっくりきますが、間違えて公の場で使用すると関係者からの抗議が出たりすることもありますので、使い方には十分ご注意ください。
誤用の意味を使用したい場合は、しっかりと本来の意味も理解して使用した方が良いでしょう。そうすればどちらも自由に使用できますよ。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください