「勇往邁進」の意味と使い方の例文5つ!英語訳と類語、座右の銘になる理由

「勇往邁進」は、日常でもよく目にする四字熟語ですね。一度は耳にしたことがある人も多いでしょう。しかし、なんとなく言葉は知っていても意味ははっきりと分からず、使ったことがない人も多いのではないでしょうか。
「勇往邁進」とはどのような意味で、どんな場面で使われるのでしょう。
この記事では「勇往邁進」の読み方・意味・語源はもちろん、英語・類義語表現と使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

 

「勇往邁進」の意味と語源

「勇往邁進」の意味

「勇往邁進」は、「ゆうおうまいしん」と読みます。
「勇往邁進」とは、「目標や夢に向かって、勇敢に進んでゆく」という意味です。

「勇往邁進」の語源

「勇往」とは、「勇敢に進んでいくこと」、「邁進」とは、「迷わずにどんどん進むこと」という意味です。
「邁」とは、「道、歩くこと」と「数多く」という意味の漢字の組み合わせからできた漢字です。
そのため「数多く進む、どんどん進む」という意味を表すようになりました。


19世紀に活躍した三菱財閥の創立者、岩崎弥太郎の有名な言葉があります。
「大成百難に撓(たわ)まず、勇往邁進し、空想は敗事の源泉なり。」現在の日本語で言えば「一旦始めたならば、困難にひるまずに突き進み、成功しなければならない。空想は失敗の源だ。」という意味です。

幕末の動乱期に生まれ土佐藩の武士として活躍後、明治時代に商売で成功を収めた彼の言葉には説得力がありますね。

スポンサーリンク

「勇往邁進」の英語訳と類語

「勇往邁進」の英語訳

「勇往邁進」は、英語で以下のように訳すことができます。

  • going full speed ahead(全速力で前に進む)
  • push forward(邁進する、推進する)

「going full speed ahead」とは、日本語訳で「全速力で前に進む」という意味です。
「full speed」が「全速力、力いっぱい」を意味し、「ahead」が「前方、前へ」を表すえ英単語です。「push forward」とは、「押しのけて前へ突き進む」という意味の熟語です。

「勇往邁進」の類語

「勇往邁進」の類語は、以下の言葉です。

  • 猪突猛進(ちょとつもうしん)
  • 直往邁進(ちょくおうまいしん)

「猪突猛進」とは「周囲を顧みずに、一つのことに勢いよく突き進むこと」という意味の単語です。イノシシのように、まっすぐに猛烈に進んでいく様子からできた熟語です。後先考えずに行動した結果、時には周りに迷惑をかけてしまうこともあり、否定的な意味で使われやすい言葉です。
「直往邁進」は、「ためらいなくまっすぐに進む」という意味の四字熟語です。「直往」とは、まっすぐ進む意です。良い意味で使われることが多く、座右の銘として掲げている人もいますね。

 

「勇往邁進」の使い方

それでは、「勇往邁進」の使い方を例文で見ていきましょう。

【例文】

  1. 「自らの理想を掲げて勇往邁進している。」
  2. 「彼は優勝に向けて直往邁進して、見事に目標を成し遂げた。」
  3. 「彼女は常に勇往邁進な態度を崩さない。」
  4. 「これからもこの道一筋勇往邁進する所存だ。」
  5. 「野球チームの勇往邁進ぶりに感動した。」

「勇往邁進」は、目標を掲げてためらいなく進むことに対して肯定的に使われることが多い熟語です。
目指す先の目標とそれに向かう行動が伴っている際に用いられ、主に人の心意気または行動を評価する文脈で使われます。

「勇往邁進」するには、「円転滑脱」であることが大事と言えますね。是非ご参考ください。

 

目的意識を持った毎日を

自ら高い理想や目標を掲げて一途に努力を重ねている人は、周囲からの尊敬の的となりますね。「勇往邁進」は座右の銘や一年のモットーとして掲げる人も多い、人気の高い四字熟語です。
「千里の道も一歩から」と言いますが、高い目標の達成は、毎日の行動の積み重ねで実現できるものです。常に目的意識を持って、充実した日々を送っていきたいですね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください