「前途多難」の意味と語源とは?使い方の例文や言い換え表現をご紹介!

新しいパソコンを買ったときのことです。長年使っていたものに慣れていたので、最新の機種は使いこなせず家族まで巻き込んだ挙句、結局その日は使うことすら出来ませんでした。
どんなことにでも言えますが、新しいことを始めた時はすべてがうまく進むとは限りません。手探りでやっと、自分にとってプラスになるのです。
この記事では、こんな途中である「前途多難」の意味や語源、英語・類義語表現や例文と使い方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

「前途多難」の意味と語源

「前途多難」の意味

まずは読み方ですが、「前途多難」は「ぜんとたなん」と読みます。
ストレートな読み方なので比較的読めない人はいないでしょう。また「前途」と「多難」はそれぞれの熟語としてもよく使うので覚えておきましょう。
「前途多難」とは、「これから先、多くの困難や災難が待っている」という意味です。
新しいことを始める時は誰でも不安があります。何でもスムーズにはいかないのは当たり前ですが、少しのことでも大変に感じてしまうのが「前途多難」が持つ意味です。

「前途多難」の語源

次に、「前途多難」の語源について見ていきましょう。

  • 「前途」・・・「これから先」という意味
  • 「多難」・・・「簡単に成し遂げられないこと」という意味」

「前途」の「途」は、「道のり」という意味でも使われます。
前にある道のりに対し、苦難が待ち受けるのが順調に進んでいくのかは誰もわかりません。そんな未来への道のりを「多難」という熟語をつけることで、「前途多難」というネガティブな意味を持つ四字熟語が生まれたのです。

スポンサーリンク

「前途多難」の英語表現と類義語

それでは「前途多難」にはどのような英語、類義語があるのか見ていきましょう。

「前途多難」の英語表現

「前途多難」の英語には以下のようなものがあります。

  •  Ahead full of troubles
  •  Many difficulties lie ahead
  •  rocky start

【例文】

  • His marriage seems to be ahead full of troubles.(彼の結婚は前途多難のようだ。)

日本語のように浸透している「トラブル」、この「troubles」を使うと何かしらのトラブルせることでより強調されますね。これに「full」の意味で「いっぱいの」を使うことでより強調された英語となります。

「前途多難」の類義語

それでは「前途多難」の類義語にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

  • 「暗雲低迷」(あんうんていめい)
  • 「前途遼遠」(ぜんとりょうえん)

「暗雲低迷」は「悪い状態が長く続き、明るい兆しが見えてこない先が不安な様子」を意味しており、「前途遼遠」は「目標までの道のりが遠く、困難な様子」を意味しています。
表現的には「前途遼遠」が似ていますが、意味合い的には「暗雲低迷」の方が「前途多難」に近いことがわかりますね。

 

「前途多難」の使い方

では最後に、「前途多難」の使い方を例文で見ていきましょう。

【例文】

  1. 「これから待ち受ける前途多難なことも乗り越えていこう。」
  2. 「彼女が好きなのはわかるけど、この恋は前途多難だよ。」
  3. 「高い目標ほど前途多難だろうけど、やる気がでます。」
  4. 「これほど前途多難な道とは最初誰も思っていなかった。」
  5. 「夢は大きなほうがいいけれど、前途多難であることは間違いない。」

「前途多難」とは、未来のことにある苦難を指す四字熟語なので「前途多難な○○」とうこいう使い方をすることが例文からもわかります。

 

未来にあることを恐れず前向きに

ここまで「前途多難」についてご紹介していきました。
新しいことに挑戦するには、期待と不安が交差します。どんなに「前途多難」なことにも挑戦することに意義があるのです。
それは年齢関係なく、やる気と前進する気持ちなのではないでしょうか。年を重ねると慎重になるのは当たり前ですが、チャレンジ精神を持って「前途多難」なことにも打ち勝っていきましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください