「栄枯盛衰」の意味や由来をわかりやすく解説。使い方の例文【英語・類語表現】

この記事は、約556秒で読むことができます。

人は、生まれると名前がつきます。人生の繁栄を願い、古代から現代まで変わることのない親としての想いが込められた最初のプレゼントですね。華やかな人生があれば、儚いのも人生です。
人生に限らずどんなものにでも最盛期があり、そしていつかは衰える時が来るものです。
この普遍の原理を表す言葉に、「栄枯盛衰」という四字熟語があります。
一度は聞いたことのある方もいるのではないでしょうか。
この記事では「栄枯盛衰」の意味や・漢字・類義語、例文による使い方をご紹介していきます。

 

スポンサードサーチ

「栄枯盛衰」の意味や語源

「栄枯盛衰」の意味

まずは読み方ですが、「栄枯盛衰」は「えいこせいすい」と読みます。
「栄枯盛衰」とは、「(人や物・国など)全てのものは、栄えたり衰えたりする」という意味を持っています。
わかりやすく言えば、「人の世は良いことと悪いことの繰り返しで確かなものはない」といった意味になるでしょう。

「栄枯盛衰」の語源

次に「栄枯盛衰」の語源について見ていきましょう。

まず、「栄枯盛衰」を二語に分けてご紹介します。
「栄枯」は「草木が茂ったり枯れたりすること」であり、「盛衰」は「盛んになったり衰えたりすること」となります。
そして「栄枯盛衰」の由来は、平安時代の平家と源氏の主権争いまで遡ります。
絶大な勢力をふるっていた平家でしたが、源氏に破れ見る影もなくなったことを、華やかに咲き誇る花々もいつかは枯れ落ちる様子にたとえて「人や時代・国も栄えるときがあれば衰えていくときもくる」のという意味に使われるようになりました。
鎌倉時代の書籍であります「平家物語」は、平家の滅亡を軸に衰退をはじめた平安貴族と新たに先頭に立ち始めた武士たちの人間模様を描いた軍事物語として有名ですね。

スポンサードサーチ

「栄枯盛衰」を英語表現や類義語

続いて、「栄枯盛衰」を英語表現と類義語をご紹介していきます。

「栄枯盛衰」の英語表記

「栄枯盛衰」を英語で表現すると、以下のようになります。

  • Ups and downs of life
  • rise and fall

【例文】

  • the rise and fall of the Roman Empire(ローマ帝国の栄枯盛衰)

「rise」とは「(太陽や月などが地上へ)昇る」という意味で、「fall」は「落ちる」という意味です。
英語表現では光が差し込んだ世界と暗闇の世界に例えることで、より簡潔に伝えることが出来ますね。

「栄枯盛衰」の類義語

「栄枯盛衰」の類義語にはどのようなものがあるのでしょうか。

  • 一栄一楽(いちえいいちらく)
  • 盛者必衰(じょうじゃひっすい)
  • 七転八起(しちてんはっき)

「一栄一楽」は「春には花が咲き秋には落葉があるように、ある時には栄えある時には衰えること」という意味です。
 「盛者必衰」とは、「勢いの盛んな者も、ついには衰え滅びる」という意味です。
「七転八起」とは「幾度ころげてもその度ごとに起き上がること。」という意味です。
どれも「栄枯盛衰」と同様に、この世は繁栄と衰退を繰り返していくものであることを意味した言葉となっています。

ちなみに、「盛者必衰」「七転八起」の記事はこちらをご覧ください。

 

「栄枯盛衰」の使い方の例文

それでは最後に、「栄枯盛衰」の使い方を例文でご紹介していきます。

【例文】

  1. 「栄枯盛衰の世の中で、現在ある財産がどうなっているのかわからない」
  2. 「わが社は、栄枯盛衰を繰り返し、今の成長した姿があります」
  3. 「人気を博したスターの衰えを観ると、栄枯盛衰の儚(はかな)さを感じます」
  4. 「古都を訪れると、栄枯盛衰の悲しさに思いを馳せてしまう」
  5. 「この町の人口減少が栄枯盛衰を物語っています」

例文からもわかりますが、「栄枯盛衰」とは短期間の変動を表したものではなく、長い年月をかけて築いていく明暗の繰り返しを表現した言葉です。
基本的には名詞として、「栄枯盛衰の~」「栄枯盛衰を~」などと使うことが一般的ですね。

また、「栄枯盛衰」に似た四字熟語の記事はこちらをご覧ください。

どちらの四字熟語も難しい語源ではありますが、これを機に参考にしてみてください。

スポンサードサーチ

誰もが願う繁栄だからこそ「栄枯盛衰」で良い

ここまで「栄枯盛衰」について解説してきました。
自分たちが築き上げてきたものを、後世まで受け継いでほしいと願うのは当たり前のことです。
遠い未来に、どのような試練が待っているかは誰もわかりません。もしかして、あなたにとっては普通の現状も、ご先祖さまにはどう映っているのかタイムマシーンがあれば尋ねたい気もします。
しかし、いつの時代も繁栄することを誰もが願っていたからこそ、どんな困難にも立ち向かうことが出来る力が、私たちにはあるのではないでしょうか。そして、衰えることも繁栄があってこそのものと考えれば良いはずですよね。

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください