「一球入魂」とはどんな四字熟語?正しい意味と由来、使い方の例文をご紹介!

運動会で玉入れをした思い出が薄っすらあります。
「一個でも多くカゴに球を入れたい」と一遍に沢山投げている人もいましたが、私は一個一個地道に投げていました。
カゴのすぐ下にいて投入する時、見上げてますよね?そうすると入りきらずに落ちてきた球が顔に直撃するので、玉入れはあまりいい思い出がありません。そんなどんくさい小学生でした。
そういえば玉入れが始まる前にアナウンスがあり、「一球入魂でがんばりましょう」と言っていたのを思い出しました。「一球入魂」とはどんなことなのでしょうか?
この記事では「一球入魂」の意味や語源、英語・類義語の表現や使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

「一球入魂」の意味と語源

「一球入魂」の意味

それでは「一球入魂」の意味をご紹介します。
まずは読み方ですが「一球入魂」は「いっきゅうにゅうこん」と読みます。
「一球入魂」とは「一球一球の球(たま)に全力を傾けること。精神を集中して、一球を投ずること」という意味です。
一投一投集中するということですね。

「一球入魂」の語源

続いて「一球入魂」の語源をご紹介します。
「一球入魂」は飛田穂洲(とびたすいしゅう)さんという茨城県出身の野球選手が言った言葉です。
飛田さんは野球の指導者でもあり、評論家でもあり「学生野球の父」と呼ばれていました。
野球の試合よりも野球の練習に取り組む姿勢を重視し、一球を大切にして「一球入魂」と言いました。
「一球」は「野球で一球一球集中して球を投げること」、「入魂」は「物事に魂を込める」ということを表しています。
飛田さんは野球を武道に通じるとして「野球道」と捉えました。
野球は教育の一環だと説いたのです。
野球から始まった「一球入魂」は現代では球技全般で使用されています。
ひとつのボールに魂を込めることは野球だけに限りませんね。
「一球入魂」は昭和に生まれた非常に新しい言葉です。

スポンサーリンク

「一球入魂」の英語表現と類義語

「一球入魂」の英語の表現

次に「一球入魂」は英語でどのように表現されているのかご紹介します。

  • One pitch of consecration(一球入魂)

【例文】

  • Mind of one pitch of consecration(一球入魂の精神)
  • I gave up one pitch of consecration(一球入魂を投げた)

「One pitch of consecration」は、あまり英語では使用されないようです。歴史のない言葉でもありますし、「一球入魂」が日本のスポーツ精神ということもあるのでしょう。
「One pitch」は「一投」、「consecration」は「献身、精進」という意味です。

「一球入魂」の類義語

「一球入魂」と似た意味を持つ言葉をご紹介します。

  • 全力投球(ぜんりょくとうきゅう)

「全力投球」とは「野球で、投手が全力を出して投球すること、全力を傾けて物事に取り組むこと」という意味です。
こちらも野球を含め球技で使用されることが多いですが、「一球入魂」と違いスポーツ以外のことでも使用されます。

 

「一球入魂」の使い方

最後に「一球入魂」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「ピッチャーは最終回まで一球入魂の投球をした」
  2. 「一球入魂のために周りの雑音をシャットアウトした」
  3. 「球技大会のスローガンには一球入魂を入れたい」
  4. 「最後の最後まであきらめず一球入魂でこの試合に挑んだ」
  5. 「バスケットボールのロングシュートを一球入魂で決めたのは奇跡だ」

「一球入魂」はスポーツで精神集中する場合で使用されます。
「一球入魂の(投球)」「一球入魂で(決めた)」などと使用さ有れる場合が多いですね。

 

日本のスポーツ精神

「一球入魂」は昭和の時代にできた言葉ですから歴史が非常に浅いです。
日本に色々な球技が入ってきて、スポーツが盛んになりました。その時にできたスポーツ精神が「一球入魂」なのです。
「一球入魂」はスポーツだけにとらわれず、ある物事に集中する精神力にも通ずるものがあると言えますね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください