「漱石枕流」とは?意味と漢文の由来を解説!使い方の例文もご紹介

心の中で負け惜しみを言うことって、ありませんか?失敗を指摘されたりすると、自分が失敗したにも関わらず「あなたより私の方が〇〇なんだけど。キィ~~」と自分の方が上手(うわて)だと思ったり・・・などなど。
※〇〇の部分は非常に子供っぽく、誰かに話すことはとても恥ずかしい言葉が入ります。
自分が失敗したことで悪いのは、自分です。だからすぐに負け惜しみを思っていることを反省し、恥じますよね。
負け惜しみや理屈を口に出して言う人がいますが、これを「漱石枕流」と言います。
「漱石枕流」って夏目漱石のエッセイか何かの題名でしょうか?
この記事では、「漱石枕流」の意味や語源、英語・類義語の表現や使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

「漱石枕流」の意味と語源

「漱石枕流」の意味

それでは「漱石枕流」の意味をご紹介します。
まずは読み方ですが「漱石枕流」は「そうせきちんりゅう」と読みます。
「漱石枕流」とは、「負け惜しみの強いこと、ひどく無理やりなこじつけのこと」という意味です。
こういう強情な人は、世の中に結構いますね。

「漱石枕流」の語源

続いて「漱石枕流」の語源をご紹介します。

「漱石枕流」とは、「石に漱ぎ流れに枕す」というのが元々の語源です。
これは中国、三国時代の晋(しん)の国の政治家で武将であった孫楚(そんそ)という人が、若かりし頃に友人の王済(おうせい)に言った言葉です。
この言葉の意味は、「石で口を漱ぎ(すすぎ)、流れを枕にしよう」という意味不明なことでした。(本当は「山奥で、石を枕にして寝たり、清流で口を漱ぐという生活を送りたい」と若いのに隠居したい旨を友人に言いたかったのです。)
これは孫楚が間違えて言ってしまった言葉なのです。今で言えば、天然ボケですよね。
友人の王済は「そんなことできるわけがない。石でうがいをして、流れる水を枕になんかできるか、ボケちゃうか?」と言いました。これに対し、孫楚は意地になり、「できるもん。流れを枕にするのは俗世の下世話な話を聞いた耳を洗うためだ。石でうがいをするのは歯磨きをしたいからだい」
と言いました。ひどい言い訳ですが、これが元となり「漱石枕流」という四字熟語ができたのです。

余談ですが、「漱石」と言えば日本人の多くの人がご存知な小説家の夏目漱石(なつめそうせき)が有名ですね。
実は、「漱石枕流」は夏目漱石が元ではなく、「漱石枕流」が夏目漱石の名前の元なのです。
自分のことを「意地っ張りで頑固者」と思っていた夏目漱石は、「漱石枕流」の「漱石」の部分をペンネームとして使用することにしたのです。

スポンサーリンク

「漱石枕流」の英語表現と類義語

「漱石枕流」の英語の表現

次に「漱石枕流」は英語でどのように表現されているのかご紹介します。

  • Sour grapes are strong(負け惜しみが強い)
  • Obstinacy(強情)

【例文】

  • Sour grapes are not strongly talked about(負け惜しみが強く話にならない)
  • He is an obstinate fellow(強情な男だ)

「Sour grapes 」で「負け惜しみ」という意味になります。
「Obstinacy」は「強情」の他に「頑固、頑固な行動、(病気の)難治」という意味があります。

「漱石枕流」の類義語

「漱石枕流」と似た意味や構成を持つ言葉をご紹介します。

  • 一言居士(いちげんこじ)
  • 頑固一徹(がんこいってつ)

「一言居士」とは「何事にも、必ず何かひとこと言わなければ気のすまない人のこと」という意味があり、「頑固一徹」は「非常にかたくなで、一度決めたらあくまでも自分の考えや態度を変えようとしない様子、また、そういう性質」という意味です。
いずれも「漱石枕流」と同じ頑固で強情な人のことを表す四字熟語です。

「一言居士」と「頑固一徹」については、こちらの記事をご覧ください。

「一言居士」の意味や使い方の例文をご紹介

「頑固一徹」の意味と戦国時代の由来とは?

 

「漱石枕流」の使い方

最後に、「漱石枕流」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「漱石枕流をする弟は、馬鹿だなあと思うけど憎めない」
  2. 「漱石枕流ばかりしていると、みんなから頑固者のレッテルを貼られるよ」
  3. 「おじいちゃんは結構、漱石枕流でこちらが何か一言いえば必ず反論をしてくる」
  4. 「負け惜しみを言うのは恥ずかしいので、私は漱石枕流をしない」
  5. 「この話と、あの人が繋がるのはかなり漱石枕流なことだと思う」

「漱石枕流」は、負け惜しみやこじつけがひどい人を表す時によく使われますね。
「漱石枕流(する)」「漱石枕流(な人)」などと使用する場合が多いです。

 

間違えたら素直に認めよう

「漱石枕流」は言い間違えを訂正することを恥ずかしく思い、苦しい言い訳をしたことが始まりです。
自分の言い間違えを訂正することは少し恥ずかしいかもしれませんが、明らかに間違えていることを自分の考えで押し通す方が恥ずかしいことじゃないかなと思います。
それにしても「漱石枕流」の孫楚さんはよくぞここまで言い逃れをしたと、逆に関心しますし、少しかわいいなと思いました。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください