「人面獣心」とは?意味と語源、使い方の例文【類義語と英語表現】

この記事は、約556秒で読むことができます。

きっぱりと仕事のことだけ、きっぱり会社のことだけっていうサバサバした人は身の回りに1人はいるのではないでしょうか。

上司の指示も意に介さず、自分のやりたいこと・やるべきことをただ「人面獣心」に遂行する人って、なかなかかっこよく目に映るものです。

ところで「人面獣心」の意味をご存じでしょうか

この記事では、「人面獣心」の意味と語源、使い方の例文、類義語と英語表現をわかりやすくご紹介します。

 

スポンサードサーチ

「人面獣心」の意味と語源

「人面獣心」の意味

最初に、「人面獣心」の意味をご紹介します。

まず読み方ですが、「人面獣心」は「じんめんじゅうしん」と読みます。

「人面獣心」とは、「恩や情けを鑑みることなく、成すべきことを成す人」という意味です。

人から受けた恩情や情けを思考の判断に含めず、仕事であったり業務であったりを遂行する人のことを表しています。

「人面獣心」の語源

次に、「人面獣心」の語源をご紹介します。

「人面」と「獣心」に分けてご紹介します。

「人面」とは「人間の顔面」のことを表しており、「獣心」は「獣の心」を表しています。つまり「表層では人間の仮面をかぶりながら、内面は獣の心を持ち合わせている」ということです。

元々は、中国の歴史書「史記」においてのお話です。

帝国は、周辺にいる夷狄(いてき)と呼ばれる異民族としばし戦争をしていました。

そして、その夷狄のことを書の中で「夷狄の人、被髪左袵(ひはつさじん)して人面獣心なり」と記述しています。

これは「夷狄は髪を結ばずに、着物を左前にしてきて野蛮な民族である」という意味で、自分たち帝国に対する反逆者に向けて非難した表現です。

「人面獣心」は、単に厳しい人というイメージがありますが、この記述を見るとまさに化け物、冷酷さが垣間見えます。

 

スポンサードサーチ

「人面獣心」の使い方

続いて、「人面獣心」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「あいつは人面獣心な奴だ。上司の恩など意に介さないよ。」
  2. 「仕事ができるやつは、いわゆる人面獣心な人なのだろうか。僕も見習わなきゃな。」
  3. 「人面獣心な人ほど、意外に仲間がついてくるっていうよね。」
  4. 「あなたの友達って、人面獣心な人が多いよね。どうしてなのかしら。」
  5. 「人面獣心な人って、そんなに良くないことなのだろうか。やることはやってくれるし、部下にいたらうれしい限りだよ。」

「人面獣心」は、恩や情けを鑑みることなく、成すべきことを成す人のことを表しています。

使い方としては、「〇〇は人面獣心だ」や「人面獣心な人は~」などという形で用いられます。

人に対して使う言葉

いずれも共通しているこの「人面獣心」という言葉、人に対して用いられる言葉だということです。「この機会は無機質だ。なんて人面獣心なんだ。」というのは誤用ですので、注意してください。

 

「人面獣心」の類義語と英語表現

「人面獣心」の類義語

それでは、「人面獣心」の類義語をご紹介します。

  • 冷酷無比(れいこくむひ)
  • 鴟目虎吻(しもくこふん)

「冷酷無比」は「愛想がなく、無慈悲なさま」という意味です。「冷酷さが他と比べるものがない」という意味で、「人面獣心」と比べてマイナスのイメージが強い熟語です。用いる場面には気を付けたほうがいいでしょう。

「鴟目虎吻」は「欲が深く残酷なさま」という意味です。「鴟目」は「フクロウの眼」、「虎吻」は「トラの口」を表しています。「人面獣心」と比べてこちらもマイナスのイメージが強いという点に注意です。

「人面獣心」の英語表現

最後に、「人面獣心」の英語表現をご紹介します。

  • a beast with a human face(人面獣心)

【例文】

  • He is a people who don’t feel blessed. And so, he is a beast with a human face.(彼は恩を感じないやつだ。全く人面獣心なやつだ。)
  • People who are a beast with a human face too fast at work.(人面獣心な人は仕事がとても早い。)

「beast」は「獣」、「human face」は「人間の顔」を表しており、直訳すると「人間の顔、側面を持った獣」という意味になります。

他にも、「残忍な」という意味を持つ「ruthless」という単語でも表現することができます。

 

スポンサードサーチ

まとめ

以上、「人面獣心」について、ご紹介してきました。

まとめると、以下の通りです。

読み方 じんめんじゅうしん
意味 恩や情けを鑑みず、成すべきことを成す人
語源 中国の歴史書「史記」において、帝国を脅かす異民族を揶揄した「夷狄は髪を結ばずに、着物を左前にしてきて野蛮な民族である」という言葉が由来
類義語 冷酷無比、鴟目虎吻
英語表現 a beast with a human face(人間の顔をした獣)

「人面獣心」は「恩や情けを鑑みず、成すべきことを成す人」を表しています。

「人面獣心」は一見すると、その字体のインパクトや意味の複雑さから用いる場面が限られるかもしれません。

私がおすすめする活用方法は他者理解の一因として用いることです。知識として持っておくことで、相手を理解するための一助となってくれることでしょう。

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください