「前代未聞」とは?意味と語源、使い方の例文【類義語と英語表現】

この記事は、約613秒で読むことができます。

今まで聞いたことがないような偉業を達成したときは誰でも驚きますよね。

いつも予選落ちだった野球チームが甲子園に進んだり、ずっと赤点しか取れなかった人が100点満点を取ったり、「そんな前代未聞なことがあるか。」という言葉を聞いたことがあると思います。

ところで「前代未聞」の意味をご存じでしょうか。

この記事では、「前代未聞」の意味と語源、使い方の例文、類義語と英語表現をご紹介します。

 

スポンサードサーチ

「前代未聞」の意味と語源

「前代未聞」の意味

最初に、「前代未聞」の意味をご紹介します。

まず読み方ですが、「前代未聞」は「ぜんだいみもん」と読みます。

「前代未聞」とは、「これまで聞いたことがないようなことやさま」という意味です。

つまり、今までの生活において聞いたり出会ったりしたことがないような珍しい事柄を表しています。

「前代未聞」の語源

次に、「前代未聞」の語源をご紹介します。

「前代」と「未聞」の二語に分けてご紹介します。

「前代」とは「現在より前、過去」という意味です。「代」という言葉は「時間、時代」を示す字です。部活動で言われる「第〇代」もこの用法です。

「未聞」は「未だ聞いたことがないこと」という意味です。「未」は「未だにないさま」を示す字です。「未来」や「未熟」、「未満」など「未」を用いた言葉は数多あると思いますが、「未」の「まだ成っていない、到達していない」というイメージを持っておくと理解しやすいかもしれません。

つまり「前代未聞」は「今までで未だに聞いた事がないこと」というのが直訳です。

スケールが大きくなりがちな言葉ですが、他者に事の重大さや深刻さを伝える最適な表現であると思います。

 

スポンサードサーチ

「前代未聞」の使い方

続いて、「前代未聞」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「そんな大変な事故があっただなんて、前代未聞なことだな。」
  2. 「だいたい多忙な時に限って、前代未聞なことが起こるものだ。」
  3. 「君が100点を取るなんて、前代未聞なことだ。」
  4. 「このアトラクション、200分待ちだって。前代未聞なこともあるもんだね。」
  5. 「君は、前代未聞な偉業を成し遂げた。よくやった。」

「前代未聞」は、これまで聞いたことがないようなこと・さまを表す言葉です。

良いこと・悪いことに限らず用いることができ、「前代未聞なこと」、「前代未聞な○○」という形式で名詞とセットになって用いられます。

きちんと使い分けよう

「これまで聞いたことがない」というのが重要なポイントになります。

ただ単に驚いたことや珍しいことを指して「前代未聞な○○」と表現するのは誤用です。

 

「前代未聞」の類義語と英語表現

「前代未聞」の類義語

それでは、「前代未聞」の類義語をご紹介します。

  • 未曽有(みぞう)
  • 驚天動地(きょうてんどうち)
  • 奇想天外(きそうてんがい)

「未曾有」は「今まで起きえなかった珍しいさま」という意味です。誤読しやすい言葉なので、セットでおさえておくと良いでしょう・

「驚天動地」は「世間を驚かせるようなこと」という意味です。「前代未聞」と違って「これまで聞いたことがない」という制約がないので、より汎用性が高いと言えます。

「奇想天外」は「通常では思いもよらないこと」という意味です。こちらも「これまで聞いたことがない」という制約はありませんが、「珍しいこと、奇天烈なこと」に用いられるという点に注意しましょう。

「驚天動地」「奇想天外」については、こちらの記事に詳しく書いています。

「驚天動地」とは?意味と語源、英語表現と類義語【使い方の例文】

「奇想天外」の意味と語源とは?英語や類語、使い方の例文をご紹介

また、別サイトですが「未曾有」についてはこちらをご覧ください。

「前代未聞」の英語表現

最後に、「前代未聞」の英語表現をご紹介します。

  • Unheard(前代未聞)

【例文】

  • I heard that you passed the test. How a unheard it is!(あなたが試験に合格したって聞いたわ。前代未聞なことね。)
  • There was the unheard of car accident injury, yesterday.(昨日前代未聞の自動車事故があった。)

「heard」は「聞いたことがあること、知っていること」を示しています。この言葉に否定の意味を示す「un」を付けることで成立しています。不運なことを「unlucky」、不幸せなことを「unhappy」なんて表現しますよね。

他にも、「unprecedented」や「unparalleled」という表現方法もあります。

 

スポンサードサーチ

まとめ

以上、「前代未聞」について、ご紹介してきました。

まとめると、以下の通りです。

読み方 ぜんだいみもん
意味 これまで聞いたことがないようなことやさま
語源 「前代」=「現在より前、過去」、「未聞」=「未だ聞いたことがないこと」
類義語 未曽有、驚天動地、奇想天外
英語表現 Unheard(聞いたことがない)

「前代未聞」は「これまで聞いたことがないようなことやさま」を示す言葉です。

珍しいことや驚いたことを強調する言葉として認識しておくと良いでしょう。今まであなた自身が遭遇しなかったような珍しいこと、驚いたものなどに直面したときはじめてこの「前代未聞」という言葉の真価が発揮されると思います。

ぜひ、積極的に活用してみて下さい。

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください