「四方八方」とは?意味と語源、使い方の例文【類義語と英語表現】

この記事は、約430秒で読むことができます。

小説を読んでいると、「いつの間にか、四方八方を敵に囲まれていた。」なんて一文が出てきたりしますよね。

文章だけでヴィジョンを頭にイメージする小説でそんな一文が出てきたら、ハラハラドキドキしちゃいますよね。

そんな小説の中では、よく見る「四方八方」という言葉。普段はあまり使うイメージがありませんが、ちゃんとした意味や、日常の中ではどのように使うのか、気になりませんか?

この記事では、「四方八方」の意味と語源、使い方の例文、類義語と英語表現をわかりやすくご紹介します。

 

スポンサードサーチ

「四方八方」の意味と語源

「四方八方」の意味

それでは、「四方八方」の意味をご紹介します。

まず読み方ですが、「四方八方」は「しほうはっぽう」と読みます。

「四方八方」とは、「あらゆる方向、周囲のすべて」という意味です。

前後左右、どこもかしこもという意味ですね。

「四方八方」の語源

続いて「四方八方」の語源を紹介します。

「四方八方」という言葉を二語に分けて紐解いてみましょう。

まず「四方」とは「四つの方角や方向」という意味です。そして、その四つは東・西・南・北のことを示しています。この「四方」とは、空間についてのみ使われます。

次に、「八方」とは「東・西・南・北に、北東・北西・南東・南西を加えた八つの方角のこと」という意味です。「四方」に対し「八方」は、空間だけでなく、心配りや処理などあらゆる方向の場面で使うことができます。

同じような意味を持っていますが、明らかな違いがありますね。

 

スポンサードサーチ

「四方八方」の使い方

次に、「四方八方」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「あのギョロリと動く魔法の眼は、なんと四方八方を監視することができるんだ。」
  2. 「彼女の噂は、あっという間に四方八方へと広がった。」
  3. 「煙が四方八方から吹き出し、あたりは大変な騒ぎになってしまった。」
  4. 「彼は全国を旅行しては、現地でたくさんの人と交流を持った。おかげで彼の知り合いは四方八方に存在する。」
  5. 「若き彼には四方八方からプレッシャーをかけられ、時には妬まれることだって少なくはなかった。」

「四方八方」は、とにかくいろんな方向からということを伝える時に使います。

「四方八方」は「四方八方に~」や「四方八方へ~」と使うことができます。

また「四方八方から~」という使い方もよく見る文章ですね。

 

「四方八方」の類義語と英語表現

「四方八方」の類義語

それでは、「四方八方」の類義語をご紹介します。

  • あちこち(あちこち)
  • 随所(ずいしょ)

「あちこち」も「随所」も「いろいろな場所、いたる所」という意味を持っています。

「あちこち」や「随所」よりも、「四方八方」の方が広くたくさんの場所を示しているように伝わりますね。

「四方八方」の英語表現

最後に、「四方八方」の英語表現を紹介します。

  • All directions(四方八方)

【例文】

  • in all directions
  • The enemy fled in all directions.

「all」は「すべて」という意味ですね。「directions」は「方角、方位、方面」という意味の単語です。直訳では「すべての方角、方面」という意味になります。

また、ここでは「direction」に「s」がついて複数形になっています。間違えないように注意しましょう。

 

スポンサードサーチ

まとめ

以上、「四方八方」について、ご紹介してきました。

まとめると、以下の通りです。

読み方 しほうはっぽう
意味 あらゆる方向、周囲のすべて
語源 「四方」=「東・西・南・北の四つの方角。空間にのみ使われる」、「八方」=「東・西・南・北に、北東・北西・南東・南西を加えた八つの方角のこと。あらゆる場面で使われる」
類義語 あちこち、随所
英語表現 All directions(すべての方面)

小説の中の言葉だと思っていた「四方八方」という言葉。意味や使い方をしっかり理解した上で、日常生活でも使っていきたいですね。

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください