「他人行儀」とは?本当の意味や使い方の例文【英語・類義語】

この記事は、約60秒で読むことができます。

近しい人に対し態度が変化することってありますよね。こういう時の態度を表す四字熟語に「他人行儀」という言葉があります。

「他人行儀」という言葉は普段の生活でよく耳にする言葉です。

あなたは「他人行儀」という言葉を使ったり言われたりしますか?

よく「他人行儀」と言われるけれど、なぜそう言われるかしっかり理解できるようになりましょう。

この記事では「他人行儀」の意味と語源、使い方の例文、類義語と英語表現をご紹介します。

 

スポンサードサーチ

「他人行儀」の意味と語源

「他人行儀」の意味

最初に、「他人行儀」の意味をご紹介します。

まずは読み方ですが、「他人行儀」は「たにんぎょうぎ」と読みます。

「他人行儀」とは「親しい間柄のはずなのに、他人に対するような接し方をする、よそよそしく振舞う」という意味です。

お互いとても近い存在でありながら、打ち解けようとしないことを表した言葉です。

「他人行儀」の語源

続いて「他人行儀」の語源をご紹介します。

「他人行儀」を二つの語に分けて解説しましょう。

まず「他人」とは「自分以外の人、つながりのない人、よく知らない人や親しくない人」という意味です。「他人事」や「赤の他人」などという使い方をします。「他人行儀」での意味合いは「親しくない人」ということです。

次に「行儀」とは「立ったり座ったりなどの普段の生活の動作、立ち居振る舞い、その作法」という意味で「行儀が悪い」や「行儀作法」などと使われ、「他人行儀」での意味合いは「立ち居振る舞い」ということです。

「他人行儀」は「親しくない人のような立ち居振る舞いをする」ということを表しています。

家族や親戚や古い友人などとても近しい間柄の人に対し、知らない人のように対応し距離を置くことを表現した語が「他人行儀」という四字熟語です。

「他人行儀」な態度をとられた人にとっては、とてもさみしく感じますが、「親しき仲にも礼儀あり(どんなに仲良しでも礼儀をわきまえるべき)」ということわざもありますから、時には「他人行儀」な態度も必要といえるでしょう。

 

スポンサードサーチ

「他人行儀」の使い方

最後に、「他人行儀」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「あまり会う機会のない兄に他人行儀な態度をとる」
  2. 「10年以上一緒に働いている同僚は今も他人行儀だ」
  3. 「友人はどんな人にも打ち解けようとせず他人行儀な人だ」
  4. 「息子からのメールは敬語ばかりで他人行儀な感じがする」
  5. 「親友が急に他人行儀になってさみしい」
  6. 「娘は思春期に入り父の私に他人行儀な態度をとるのでつらい」

「他人行儀」という言葉は、人間関係に距離があることを感じさせる場面で使用されることが多いです。

使い方としては、「~な態度」や「~な人」という風に形容詞として使うことが多いですね。

 

「他人行儀」の類義語と英語表現

「他人行儀」の類義語

それでは、「他人行儀」の類義語をご紹介します。

  • 余所余所(よそよそ)
  • 水臭い(みずくさい)

「余所余所」は「しい」を後に付け加えて「余所余所しい態度」や「余所余所しい言い方」などと使われます。意味は「隔て(へだて)がましく冷淡である。親しみがない」ということです。

「水臭い」は「親しい間柄なのに距離をおく 」という意味です。

どちらも「他人行儀」と同じ意味を持っています。
「水臭い」の由来は「水分が多くて味が薄い」ということで、なぜ「親しい間柄なのに距離をおく」という意味で表現されたかというと、「濃密な間柄(味の濃い)だと思っていたのに相手に遠慮され、がっかりした」という意味合いがあるのです。

「他人行儀」の英語表現

最後に、「他人行儀」の英語表現をご紹介します。

  • reserved manners(他人行儀)

「reserved」は「予約済み、予約した、控えめな、遠慮がちな、よそよそしい」という意味があり、「他人行儀」の場合は「遠慮がちな、よそよそしい」という意味で使われます。

「manners」は日本語でもそのまま使われている「マナー」です。

「マナー」とは「やり方、方法、礼儀、風習」という意味があり、「他人行儀」での意味は「礼儀」という風になります。

【例文】

  • It reserved manners from yesterday(昨日から他人行儀だ)

「reserved」は「reserve」の過去形で「d」が付くことで「遠慮がちな、よそよそしい」という意味になります。
「reserve」のままだと「他人行儀」の意味を成しませんのでご注意ください。

 

スポンサードサーチ

まとめ

以上、「他人行儀」について、ご紹介してきました。

まとめると、以下の通りです。

読み方 たにんぎょうぎ
意味 親しい間柄のはずなのに、他人に対するような接し方をする、よそよそしく振舞うこと
語源 「他人」=「自分以外の人、つながりのない人、よく知らない人や親しくない人」、「行儀」=「立ったり座ったりなどの普段の生活の動作、立ち居振る舞い、その作法」
類義語 余所余所(よそよそ)、水臭い(みずくさい)
英語表現 reserved manners(他人行儀)

「他人行儀」という言葉をご紹介してきましたが、「他人行儀」の態度をとられると相手はとてもさみしく感じるようです。
もしも「他人行儀」と言われた時はしっかりフォローしましょう。「他人行儀」だと言われるということは相手の方はあなたのことを信頼し、仲良しだと思っているのです。

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください