「勇気凛々」とはどんな四字熟語?意味や英語、使い方の例文をご紹介!

この記事は、約528秒で読むことができます。

「勇気凛々」と聞くと、あるアニメを思い浮かびませんか?

いつの時代でも子供達から絶大な人気を得ているアニメ主題歌の名前なので、自身が子供の頃や自分の子供が小さい頃にお世話になった方も多いのではないのでしょうか。

ところで、この「勇気凛々」という言葉ですが、意味はご存知ですか?

漢字から何となくの意味は想像できるかと思いますが、きちんとした意味を知っておくといいかもしれませんね。

この記事では、「勇気凛々」の意味と語源、使い方の例文、類義語と英語表現をご紹介します。

 

スポンサードサーチ

「勇気凛々」の意味と語源

「勇気凛々」の意味

はじめに、「勇気凛々」の意味についてご紹介します。

まずは読み方ですが、「勇気凛々」は「ゆうきりんりん」と読みます。

「勇気凛々」とは「失敗や危険を恐れずに、勇ましく立ち向かっていくこと」という意味です。

つまり、「勇気があること」を表す言葉ですね。

「勇気凛々」の語源

次に、「勇気凛々」の語源についてご紹介します。

「勇気」とは「勇ましい気持ち」のことで、「危険や失敗を恐れることなく立ち向かっていく心意気」という意味です。

続く「凛々」は「勇ましい様子」「凛々しい様子」という意味です。

「凛々しい」は、「引き締まっている様子」「頼もしい様子」という意味で、「勇ましい」と同じような意味で使われている言葉です。

つまり、「勇気凛々」は、「勇ましい」という意味を持つ言葉を二つ重ねて作られた言葉となっています

このことから、「勇気凛々」は、「勇気があること」を強調した言葉であることが分かりますね。

 

スポンサードサーチ

「勇気凛々」の使い方

続いて、「勇気凛々」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「彼は、勇気凛々とした顔つきだな。」
  2. 「こんな窮地に立たされているのに、勇気凛々としてくる。」
  3. 「何事にも物怖じしない、彼女の勇気凛々たる姿は見習うべきだ。」
  4. 「どんなに失敗しても、勇気凛々たる気持ちを持つことが大切と思う。」
  5. 「彼は、どんな時でもいつも勇気凛々に見えるよね。」

「勇気凛々」は、「勇気がある」といった意味の言葉ですが、「堂々としている」「頼もしさを感じる」といった見た目や様子を表す際によく使われる言葉です。

「勇気凛々とした~」「勇気凛々たる~」といった言い方をされることが多く、その後には「顔つき」「姿」「気持ち」などがくることが多いですね。

男女関係なく

「勇気が湧いてくる」ということを、「勇気凛々としてくる」と表現する場合もあります。

男性に使われがちな言葉ですが、女性に対しても使える言葉です。

 

「勇気凛々」の類義語と英語表現

「勇気凛々」の類義語

それでは、「勇気凛々」の類義語をご紹介していきます。

  • 勇壮活発(ゆうそうかっぱつ)
  • 雄気堂々(ゆうきどうどう)

「勇壮活発」とは、「勇ましく元気がある様子」という意味の言葉です。

そして、「雄気堂々」は、「強くて勇ましい気持ちが溢れている様子」という意味の言葉です。

どちらも少し意味は違いますが、「勇ましさがある」という部分が「勇気凛々」と共通していますね。

「勇気凛々」の英語表現

最後に、「勇気凛々」の英語表現をご紹介します。

  • Full of spirit(勇気凛々)

【例文】

  • He is full of spirit.(彼は勇気凛々としている)
  • Full of spirit voice.(勇気凛々たる声)

「full of」は「いっぱいの」「~でいっぱいの」という意味で、「spirit」は「意気」や「気力」という意味です。

ですので、「full of spirit」は直訳で「意気でいっぱいの」「気力でいっぱいの」となります。

「勇気」には「気力」という意味でもあるので、「full of spirit」は「勇気いっぱい」と意味でも使うことができ、「勇気凛々」の意味を表現する際にピッタリと言えますね。

 

スポンサードサーチ

まとめ

以上、「勇気凛々」について、ご紹介してきました。

まとめると、以下の通りです。

読み方 ゆうきりんりん
意味 失敗や危険を恐れずに、勇ましく立ち向かっていくこと
語源 「勇気」=「危険や失敗を恐れることなく立ち向かっていく心意気」、「凛々しい」=「引き締まっている様子、頼もしい様子」
類義語 勇壮活発、雄気堂々
英語表現 Full of spirit(元気いっぱい)

「勇気凛々」に使われている「凛」と似た漢字で、「凜」という漢字があります。

思わず「勇気凛々」の「凛」はどっちだろうと、迷ってしまいそうなくらいソックリですよね。

実はこの二つの漢字、読み方も意味も全く同じなんです。

もともと「凜」が正式な漢字として使われていましたが、いわゆる俗字ということで「凛」が使われるようになりました。

ですので、「勇気凛々」でも「勇気凜々」でもどちらでもいいんですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください