画竜点睛の意味や由来。「画竜点睛を欠く」の類語・例文で使い方をご紹介

日本語って、表現がとても深くて知れば知るほど面白いですよね!
同じ音でも、漢字の違いによって全く関係のない意味になることもあり、母国語としている私たちですら時々混乱してしまうほど。だからこそ正しい知識を身に着けていきたいものです。
この記事では「画竜点睛」の意味や由来、英語・類義語表現や使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

 

画竜点睛の意味と由来とは

難しい漢字がオンパレードのこの四字熟語。特に「睛」という漢字は、なかなか書く機会も少ないですよね。
ちなに、この画竜点睛の読み方は「がりょうてんせい」と読みます。
それぞれの漢字の意味もご紹介しながら、四字熟語がもつ意味を紐解いていこうと思います!

画竜点睛の意味

では早速、この四字熟語の意味について順に見ていきましょう。
「画竜点睛」とは「物事を完結させるための最後の大仕上げ」「全体のクォリティを上げるための最も肝心なところ」という意味です。
これだけでは漠然と全体の意味合いが通じただけなので、ポイントを抑えていきますね。

  • 画竜・・・これが、竜の絵(画)を指す
  • 点睛・・・「睛」という漢字は、現代使われている「瞳」という漢字と同じ意味

つまり、瞳としての点を書き込む、ということ。どうやら竜の絵を描く時に、その瞳は最後に書くようです
逆に考えると、瞳を書き込めばその絵は完成する、という事になりますよね。ここから、「物事を完結させる(=絵を完成させる)ための大仕上げ(瞳を書き込む)」という意味が生まれました!

画竜点睛の由来

ではそもそも、この竜の絵のくだりはどこから生まれたのでしょうか。

時は中国の南朝梁時代。
この時期に書かれた「歴代名画記」という書物の中にこの言葉の由来となる故事が書かれています。
中国の画家、「張僧繇(ちょうそうよう)」は、金陵の安楽寺というお寺に見事な4匹の竜の絵を描きました。
その絵はたいそう素晴らしく、訪れてその絵を見た人々は息をのんだというほど。
しかしその竜の絵には、瞳が書かれていなかったといいます。
不思議に思った人々は、 張僧繇に「なぜ瞳が書き込まれていないのか」と尋ねてみました。
すると張僧繇は「瞳を書き込んでしまうと、竜が天に昇って行ってしまうからです。」と答えたのです。
しかし、それを聞いても人々は一向に信じません。仕方がない、と 張僧繇は竜に瞳を書き込みました。
すると…なんと竜は雲にのって天に昇っていったしまったのです。

この故事によって、画竜点睛という言葉が出来上がった、というわけですね!

スポンサーリンク

画竜点睛の英語や類義語とは?

なかなか面白い由来を持つ四字熟語ですが、これを英語で用いたい時はどういう表現がふさわしいのでしょうか。
また、他に同じような意味をもつ言葉があるのでしょうか。

画竜点睛を英語でいうと?

英語で言う場合は、竜の瞳を書き込むことではなく、仕上げの工程ということに着目します。
すなわち

  • finishing touch
  • complete something by executing the final

難しい単語としてはexecutingこれは「実行すること」という意味があります。
つまり、最終工程を実行することによって何かを完結させる、ということになりますね!

画竜点睛の類義語は?

この言葉の類義語としては、点睛開眼(てんさいかいがん)という言葉があります。
また、画竜点睛という言葉は従来そのものだけで使われるのではなく、「画竜点睛を欠く」という風に使われていることが多いです。
これ「画竜点睛を欠く」と同じ意味を持つ日本語としては、「ツメが甘い」とか「仏作って魂入れず」とかいったことわざがあります。

 

画竜点睛の使い方と例文

では最後に、画竜点睛の使い方と例文についてです。
画竜点睛という言葉は、それ単体で使われるよりも「画竜点睛を欠く」という言葉として使われることの方が多いです。この場合、意味は完成間近なのにも拘わらず最も大事な部分が抜けているというようになります。
それを踏まえると例文はこちらのようになります!

  1. 君のアイデアは最高に素晴らしいのだが製作コストがかかりすぎる。画竜点睛を欠いているよ。
  2. コンサート会場も出演者も決まっているのにプログラムが決まってないんじゃ画竜点睛を欠いているといわざるを得ないね。
  3. とても面白い小説だったのに、最後の最後がありきたりのクライマックスで、まさに画竜点睛を欠いた作品だったよ。もったいない。

やはり言葉の性質上、アートに関する使い方に相応しいことがわかりますね。

 

なじみのない言葉も、意味が分かると意外に身近!

以上のように、「画竜点睛」という言葉は知らなくても、由来から改めて遡っていくと親近感を感じる言葉だったのではないでしょうか。
小節やドラマなど、「ああ!肝心なところで!!!」といった場面は日常的にあると思います。どうぞ「画竜点睛に書いているよね!残念!」と言ってみてください!周りから一目置かれる存在になれること間違いなしでしょう!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください