「威風堂々」とは?意味と使い方の例文、英語や類語表現をご紹介

音楽が好きな人もそうでない人も、コンサートやテレビなどでこの曲を聴いたことがありませんか?
エルガー:「威風堂々」第1番:シノーポリ/フィルハーモニアO


この有名な曲の題名も「威風堂々」という名前なんです。
曲調からも言葉のニュアンスがよく伝わってきますよね。
この記事では、「威風堂々」の意味や語源、英語・類義語表現や例文による使い方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

 

「威風堂々」の読み方、意味や語源とは

いくら有名な曲とはいえ、「今まで曲は知っていたけれどどうやって読むのかわからなかったんだよね!」という場合もありますよね。
「威風堂々」の基礎知識から学んでいきましょう。
まずは読み方からですが、「威風堂々」は「いふうどうどう」と読みます。

威風堂々の意味

「威風堂々」とは「非常に立派な風貌であること」「威厳があって、厳かなさま」という意味です。
冒頭でご紹介したエルガーという人の曲の1つ「威風堂々」も、まさにそのような雰囲気が如実に現れた曲したよね。

威風堂々の語源

それでは「威風堂々」の語源について、二語に分けてご紹介していきます。

威風

まず、「威」という漢字だけで「人を従わせるような勢い」「強い勢力」という意味があります。
「風」という漢字は、「様子」という意味があります。
例えば「トマトパスタ ヨーロッパ風」というと、ヨーロッパの様子を感じさせる、つまり本格的なパスタが出てくるように思いますよね。このように、私たちは日常生活の中の様々なシチュエーションで「風=様子」という使われ方を目にしています。

堂々(堂堂)

次に「堂々(堂堂)」です。
「々」という記号(実は漢字ではないのです)は「直前のものを繰り返すときに使うマーク」なのです。
だから「堂々」と書いても「堂堂」と書いても、どちらも正解です。
「堂々(堂堂)」という言葉には、「立派なさま」「何も包み隠す部分がなく、りりしいさま」という意味があります。
元々、「堂」という漢字は表御殿、つまり最も主となる建物のことを示しています。本殿、とでもいいましょうか。
メインで使われる一番立派な建物なので、大事なお客様を迎えたり何かの儀式を執り行ったりする場所だったので、その建物の立派さから「堂々」という言葉が生まれたといわれています。

 

スポンサーリンク

「威風堂々」の英語・類義語・対義語

次に、「威風堂々」と同じような意味を持っている英語や類義語を学んでいきましょう。

「威風堂々」の英語

まず知っておいて欲しい「威風堂々」の英訳は次の言葉です。

  • pomp and Circumstances

実は「オセロ」という儀曲の中に出てくる一節から引用された言葉で、最初に動画で紹介した曲のタイトルにも採用されているんです。
元々「pomp」が「華麗さ・壮麗さ」、「Circumstanceには「儀式ばること、ものものしさ」という意味があります。
つまり直訳すると「華麗で儀式的な様子」となりますが、これをわかりやすい日本語にかみ砕いて「威風堂々」と訳したのですね。
その他にもの以下の二つには威厳があって深刻なさまという意味があり、

  • sedateness
  • solemness

regal person」には、「堂々とした人」という意味があります。時と場合によって使い分けてみましょう。

「威風堂々」の類義語

同じような意味を持っている四字熟語も多いので、ご紹介しておくと以下のようなものがあります。

  • 威風凛々(いふうりんりん)
  • 楊武楊威(ようぶようい)
  • 英姿颯爽(えいしさっそう)

字面を見るだけでも、いかにも威風堂々と同じような意味を持っていることが分かりますよね。
日常会話で耳にすることは少ないかもしれませんが、一緒に覚えているとふと目に入った時にも慌てずに済みますね。

 

「威風堂々」の使い方

それでは、最後に「威風堂々」の例文をご紹介してます。

【例文】

  1. 「男たるもの、いつでも威風堂々としていなければならない。人前で泣くなどもってのほかだ」
  2. 「やはり優勝チームは表彰式でも威風堂々としていて憧れるなあ」
  3. 「祖父は何歳になっても威風堂々としていて老いを感じさせない」
  4. 「威風堂々とした歩き方を練習しなさい。まずその猫背から治していこう」
  5. 「うちの校長先生は威風堂々としていながらも自分に厳しく他人には優しい。私も校長先生のような大人になりたい」

例文のように、「〇〇として~」と使うのが一般的ですね。
最初こそ難しそうに見えたかもしれませんが、「威風堂々」の意味を知れば案外日常会話の中でも使える四字熟語と言えます。

 

意外と身近な四字熟語「威風堂々」

例文をご紹介したところからもわかるように、「威風堂々」という言葉は案外日常的に使える言葉だということが分かってきましたね。
「言葉だけじゃどうしてもイメージがつかめないなあ」という人は、是非「威風堂々」という曲を聴いてみてください。イギリスで生まれた行進曲なので、堂々と行進するいかにも“英国の衛兵”という風景も目に浮かぶことでしょう。そしてそのことによって、言葉に対する理解やイメージも深まるのではないでしょうか。
是非、「難しそう」という先入観を捨てて、四字熟語に親しんでみてくださいね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください