「豪華絢爛」とは?意味や使い方の例文5つをご紹介【英語表現あり】

年末になると、必ず話題になるのが紅白歌合戦ですよね。その中でも話題になるのが出演者の方々の「豪華絢爛」の衣装や演出です。華やかな芸能界だからこそできる「豪華絢爛」の衣装や演出を毎年楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。ところで、「豪華絢爛」の意味ってご存知ですか?
この記事では「豪華絢爛」の意味や語源、英語の表記や類義語、使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

「豪華絢爛」の意味と語源

「豪華絢爛」の意味

はじめに、「豪華絢爛」の意味についてご紹介したいと思います。
まずは読み方ですが、「豪華絢爛」は「ごうかけんらん」と読みます。
「豪華絢爛」とは「とても贅沢であり華やかで美しいこと」「きらびやかに輝いていて華やかで美しいこと」という意味です。
分かりやすく一言で言うと、「ゴージャス」といったところでしょうか。

「豪華絢爛」の語源

次に、「豪華絢爛」の語源についてご紹介します。

「豪華」は、「贅沢」「華やか」「派手」なことを表す言葉で、続く「絢爛」は「華やかで美しい」「きらびやか」な様子を表す言葉です。それぞれの漢字を見ていくと、「豪」には「度が過ぎる」「並はずれている」、「華」には「華やか」、「絢」には「きらびやかで美しい」、「爛」には「キラキラ光る様子」という意味があります。ですので、「豪華」は「とても華やか」、「絢爛」は「キラキラ光るような美しさ」という意味になります。よって、「豪華絢爛」は「とても華やかで光るような美しさ」という意味になることが分かりますね。

スポンサーリンク

「豪華絢爛」の英語表現と類義語

「豪華絢爛」の英語の表現

続いて「豪華絢爛」が英語でどのように表現されているのかをご紹介します。

  • Gorgeous(豪華絢爛)
  • Luxurious(豪華絢爛)

【例文】

  • Gorgeous costume(豪華絢爛な衣装)
  • A world of luxurious(豪華絢爛の世界)

「Gorgeous」は「絢爛」「豪華」「きらびやか」という意味で、「Luxurious」は「豪華な」「贅沢な」という意味です。どちらも「豪華」なことを表す単語なので、英語では「豪華絢爛」の意味として使うことができます。
また、「きわめて」「すばらしく」の意味を持つ「excellently」を前につけて「excellently luxurious」とすることで、さらに「豪華絢爛」の意味を強調することもできますので、文章に合わせて使い分けてみてくださいね。

「豪華絢爛」の類義語

次に「豪華絢爛」と似たような意味をもつ言葉をご紹介していきます。

  • 絢爛華麗(けんらんかれい)
  • 荘厳華麗(そうごんかれい)

「絢爛華麗」とは、「豪華絢爛」と同じく「きらびやかに輝いて華やかで美しい様子」という意味です。
「荘厳華麗」とは、「厳かで極めて華やかであること」という意味です。「厳か」の部分は違いますが、「華やかさ」を表しているという点では「豪華絢爛」と同じですね。

 

「豪華絢爛」の使い方

最後に「豪華絢爛」の使い方を紹介します。

【例文】

  1. 「豪華絢爛な衣装に目を奪われた」
  2. 「そこは、豪華絢爛の世界だった」
  3. 「豪華絢爛たるメンバー」
  4. 「豪華絢爛な建物に感動した」
  5. 「今日の結婚式は、まさに豪華絢爛だった」

「豪華絢爛」は、思わず「ゴージャス」と言いたくなるような状況で使うような言葉です。「豪華絢爛な~」「豪華絢爛の~」「豪華絢爛たる~」という言い方をされることが多いですね。
基本的には、何かを目の当たりにした時の言葉として使われることが多いですが、例文のように「貴重な顔ぶれ」「贅沢なメンバー」など、普段見ることができないような人達が揃ったりする場合にも「豪華絢爛たるメンバー」といった言い方で「豪華絢爛」を使うことができます。

 

冬は「豪華絢爛」の季節

冬になると、街のあちこちにクリスマスツリーが飾られるようになりますよね。そして、街中のクリスマスツリーには、人の視線を惹きつけるような「豪華絢爛」な装飾が施されます。
冬は、そのような「豪華絢爛」のクリスマスツリーが所々に置いてあり、空気が澄んでいて輝きも増す季節であることから、まさに「豪華絢爛」の季節といってもいいのかもしれませんね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください