「一陽来復」とはどんな意味?語源や使い方の例文、英語&類義語表現をご紹介!

「一陽来復」という言葉を使った経験はありますか?私は残念ながら使ったことがありません。しかし、いつか会社の上司が「一陽来復の兆しが見えてきた」と言っているのを聞いたことがあります。「兆し」という言葉が使われていたので、何となくいい意味の言葉なんだろうなとは思っていたのですが、その時はまだきちんとした意味は知りませんでした。
あまり頻繁に使われる言葉ではないので、私のように「一陽来復」の意味を知らない方も多いのかもしれませんね。
この記事では「一陽来復」の意味や語源、英語の表記や類義語、使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

「一陽来復」の意味と語源

「一陽来復」の意味

はじめに、「一陽来復」の意味についてご紹介したいと思います。
まずは読み方ですが、「一陽来復」は「いちようらいふく」と読みます。
「一陽来復」とは「冬が終わって春が訪れること」「新年の始まり」「悪いことが続いた後に運が向いてくる」という意味です。
つまり、「良いことの訪れ」や「物事が回復すること」を表す言葉ですね。

「一陽来復」の語源

次に、「一陽来復」の語源についてご紹介します。

「一陽来復」の語源は、中国の占い書である「易経」の中にあります。「易経」には「陰暦十月に陰気が極まり、十一月の冬至になって陽気が初めて生ずる」といったことが書かれており、これが「一陽来復」の由来となりました。
「易」では「陰」が「冬」を表し、「陽」が「春」を表します。また、「陰暦十一月」に含まれる「冬至」は、1年で最も「陽」が短い日だと言われていました。そのため、「冬至の前の十月に冬が終わり、十一月の冬至になると春が始まる」といった意味で使われるようになりました。
さらに、「陰」が「月」や「夜」などマイナスな印象、「陽」が「太陽」や「朝」などプラスな印象を与える言葉として使われていたため、「悪い事が終わり良い事が訪れる」という意味でも使われるようになりました。

「陰」と「陽」はよく耳にしますが、この二つが「一陽来復」の語源に関係していたというのは少し驚きですね。

スポンサーリンク

「一陽来復」の英語表現と類義語

「一陽来復」の英語の表現

続いて「一陽来復」が英語でどのように表現されているのかをご紹介します。

  • Winter is over and spring comes(一陽来復)
  • Favorable turn of fortune(一陽来復)

【例文】

  • Wait of winter is over and spring comes(一陽来復を待つ)
  • A sign of favorable turn of fortune(一陽来復の兆し)

「Winter」は「冬」、「over」は「越える」、「spring」は「春」、「comes」は「来る」を意味します。なので「Winter is over and spring comes」は、直訳で「冬を越えて春が来る」となり、「一陽来復」の「冬が終わって春が訪れること」を表します。
そして、「sign」は「前兆」や「兆し」、「favorable」は「好調」「好都合」、「turn」は「変わる」「転じる」、「fortune」は「運勢」という意味になります。なので、「Favorable turn of fortune」は直訳で「運勢が変わって好調の前兆が訪れる」などとなり、「一陽来復」の「悪いことが続いた後に運が向いてくる」の意味を表していることになりますね。

「一陽来復」の類義語

次に「一陽来復」と似たような意味をもつ言葉をご紹介していきます。

  • 重見天日(ちょうけんてんじつ)
  • 枯木竜吟(こぼくりょうぎん)

「重見天日」とは、「悪い状況から抜け出し、再び良い方向に向かうこと」という意味です。「悪い事が終わっていい方向に向かう」という意味で、「一陽来復」と同じですね。
「枯木竜吟」とは、「苦しい状況から抜け出して生を得ること」という意味で、生命の回復を表す言葉です。意味は違いますが、何かが回復するという部分では「一陽来復」と同じですね。

 

「一陽来復」の使い方

最後に「一陽来復」の使い方を紹介します。

【例文】

  1. 「一陽来復を願うしかない」
  2. 「今年は、一陽来復のお守りを買おう」
  3. 「ようやく、一陽来復の春が来た」
  4. 「一陽来復を待とう」
  5. 「一陽来復の兆しが見えた」

「一陽来復」は、日常会話でも使われることの多い言葉です。特に良いことの兆しが見えてきた場合や、良いことの兆しに期待する場合に使われることが多いですね。
「一陽来復の春」「一陽来復の兆し」「一陽来復を待つ」などの言い方が一般的です。また、「一陽来復のお守り」も有名なので、神社などに行くと耳にしたり目にすることがあるかもしれませんね。

 

大人気の「一陽来復」お守り

東京にある「穴八幡宮」をご存知ですか?実はここ、「一陽来復」のお守りで有名な神社なんです。貼る日時や方角まで厳しく決められていますが、とてもご利益があると大人気となっています。また、隣の「放生寺」の「一陽来福」のお守りと合わせて、一緒にお参りするとさらにご利益があるとか。
「穴八幡宮」の「一陽来復」のお守りは、冬至の日から節分の日までの期間限定なので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください