「一騎当千」とは?意味や語源、英語・類義語表現【使い方の例文つき】

この記事は、約455秒で読むことができます。

「彼こそ一騎当千の存在だ」なんて言われてみたいと思ったことはありませんか?
私は「一騎当千」からは程遠いのですが、いつか誰かに言われてみたいな…なんて密かに思っています。とは言っても、実際には「一騎当千」と言われる人なんて中々いませんよね。
ところで、「一騎当千」の意味ってご存知ですか?
この記事では「一騎当千」の意味や語源、英語の表記や類義語、使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

「一騎当千」の意味と語源

「一騎当千」の意味

はじめに、「一騎当千」の意味についてご紹介したいと思います。
まずは読み方ですが、「一騎当千」は「いっきとうせん」と読みます。
「一騎当千」とは「人並みに外れた能力や技術、経験や才能をもつ」という意味です。
つまり、「とてつもなく優れている人」や「特別素晴らしい人」を表す言葉ですね。

「一騎当千」の語源

次に、「一騎当千」の語源についてご紹介します。

「一騎当千」の語源は、中国の「北史」に出てくる「一人当千」という言葉にあります。「一人当千」とは、「一人でも千人と同じくらいの力をもっている」という意味で、「とても強い力や勇気を持っている」ということを表す言葉です。
「一騎当千」は、この言葉を基にして造られたと言われています。
使われ始めたのは室町時代の頃なので、比較的新しい四字熟語ですが、語源は古くからある「一人当千」という言葉にあったんですね。

スポンサーリンク

「一騎当千」の英語表現と類義語

「一騎当千」の英語の表現

続いて「一騎当千」が英語でどの
ように表現されているのかをご紹介します。

  • Match for a thousand (一騎当千)

【例文】

  • Activities match for a thousand(一騎当千の働き)
  • He is mighty warrior(彼は一騎当千の強者だ)

「match for」は、「~に匹敵する」という意味です。そして、「thousand」は数字の「千」を表します。なので、「match for a thousand」は、「千に匹敵する」と直訳できますね。
また例文のように「強大な戦士」という意味の「mighty warrior」という英語で「一騎当千」を表現する場合もあります。
英語には、「一騎当千」という意味の単語はないので、「一騎当千」の意味に合いそうなものを自分で見つけてみるのもいいかもしれませんね。

「一騎当千」の類義語

次に「一騎当千」と似たような意味をもつ言葉をご紹介していきます。

  • 百戦錬磨(ひゃくせんれんま)
  • 万夫不当(ばんぷふとう)

「百戦錬磨」とは、「実際に何度も戦って鍛え上げられていること」「多くの経験を積んでいること」という意味です。「多くの経験を持つ」という部分が、「一騎当千」の意味にある「人並みに外れた経験をもつ」という部分と同じです。
「万夫不当」は、「多くの人が当たっても立ち向かっても敵わない」「誰にも勝てないほどの人並み外れた強い力がある」という意味です。意味は違いますが、人並みに外れた何かを持っているという部分で「一騎当千」と同じですね。

 

「一騎当千」の使い方

最後に「一騎当千」の使い方を紹介します。

【例文】

  1. 「この子は、一騎当千の活躍をしてくれるだろう」
  2. 「あのチームは、一騎当千の強者ばかりだ」
  3. 「一騎当千の実力が欲しい」
  4. 「彼は一騎当千の存在だ」
  5. 「一騎当千の選手ばかりを集めた強豪校」

「一騎当千」は、「優れた人」を表す際に使われる言葉です。特に、何かの戦力になってくれそうな人を表す際によく使われていますね。

例文のように「一騎当千の活躍」「一騎当千の強者」といった使い方をされることが多いです。ただ、この二つを見るとスポーツ選手など、力や勝負事に強い人を表す言葉のように思えますが、実際には知識や経験の豊富さを表す言葉でもあるので、さまざまな「優れた人材」を表す言葉として使うことができます。

 

座右の銘になる「一騎当千」

「一騎当千」、つまり「人並みに外れて優れている」というのは、多くの人が憧れることですよね。なので、座右の銘としても人気となっています。
「一騎当千」を目標に頑張れば、いつか「一騎当千の戦力」などと言ってもらえる日もくるかもしれませんね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください