「十把一絡」とは?意味と語源、使い方の例文【類義語と英語表現】

この記事は、約548秒で読むことができます。

色んな要素や良いも悪いも、酸いも甘いも含まれているにもかかわらず、大胆に物事をま

とめて進めてしまう人に出会ったことはありませんか。

「十把一絡」な人に限って、意外と小心者であったりするものです。

ところで「十把一絡」の意味をご存じでしょうか。

この記事では、「十把一絡」の意味や語源、使い方や例文、類義語や英語表現をご紹介します。

 

 

スポンサードサーチ

「十把一絡」の意味と語源

 

「十把一絡」の意味

 

それでは、「十把一絡」の意味をご紹介します。

まず読み方ですが、「十把一絡」は「じっぱひとからげ」と読みます。

「十把一絡」とは、「物事を大雑把にまとめること」という意味です。

つまりいろいろな要素が含まれてることにも構わず、ひとまとめにしてしまうことという意味です。

 

「十把一絡」の語源

 

続いて、「十把一絡」の語源をご紹介します。

「十把」は「十個に束ねたもの」という意味です。「把」という字は、昔用いられていた稲や薪などの細長いものを数えるための数の単位でした。訓読みすると「たば」と読むことができます。

「一絡」は「一つにまとめる」という意味です。「絡」という字は、もともと糸を紡いで生地などに織り上げるという意味を持つ字なので、絡めてまとめ上げるというイメージです。

「十把一絡」は「十個に束ねたものを一つにまとめる」というのが直訳です。

一見すると、まとめているという言葉からポジティブなイメージを持ちがちですが、私は十個のものをまとめ上げるなんて、ある程度の妥協がないと不可能だと思いますし、どちらかというと大雑把にやらないとまとめ上げることは不可能とさえ思ってしまいます。

 

 

スポンサードサーチ

「十把一絡」の使い方

 

次に「十把一絡」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「そんなに、自分の部屋の家具を十把一絡にするな。もっと考えなさい。」
  2. 「十把一絡にすることは、何も悪いことではない。効率的で時間短縮にもなるじゃないか。」
  3. 「こんな十把一絡にしたものなんて、何のあてにもならない。すぐに作り直せ。」
  4. 「君は、十把一絡するのがとても上手だね。仕事が早くて助かるよ。」
  5. 「僕が支持を出す前に十把一絡してくれたのか。丁度まとめていようとしていたところだ。」

 

「十把一絡」は「物事を大雑把にまとめること」という意味です。文中では「十把一絡して~」や「十把一絡に~」という形で用いられます。

 

どんな場面にでも

「十把一絡」は人や物、こといずれに指しても用いることができます。「十把一絡が上手い人」、「十把一絡をしたもの」いずれも正しい使い方なのでぜひおさえておきましょう。

 

 

「十把一絡」の類義語と英語表現

 

「十把一絡」の類義語

 

「十把一絡」の類義語をご紹介します。

  • 無分別(むふんべつ)
  • 一緒くた(いっしょくた)

「無分別」は「思慮がなく軽率なこと」という意味です。「十把一絡」と違ってまとめるという意味が含まれていませんが、大雑把にという点で類語ということができます。

「一緒くた」は「大雑把にひとまとめにすること」という意味です。「くた」は「ガラクタ」が由来になっており、「ガラクタも一緒に」というのが直訳です。「十把一絡」と同じ意味を持っているのでセットでおさえておきましょう

 

「十把一絡」の英語表現

 

次に「十把一絡」の英語表現をご紹介します。

  • lump together all sorts of things(十把一絡)

【例文】

  • Your advantage is lumping together all sorts of things.(あなたの長所は十把一絡が上手いところだ。)
  • To lumping together all sorts of things is so bad. Hurry up, rebuild!(十把一絡はとてもよくない。早く作り直して。)

 

「lump together」は「まとめる」、「all sorts of things」は「すべての種類のもの」を意味しています。直訳すると「すべての種類のものをまとめる」となります。

他の表現方法としては「make sweeping generalizations」や「deal with various things under one head」があります。

 

 

スポンサードサーチ

まとめ

 

以上、「十把一絡」について、ご紹介してきました。

まとめると、以下の通りです。

読み方 じっぱひとからげ
意味 物事を大雑把にまとめること
語源 「十把」=「十個に束ねたもの」、「一絡」=「一つにまとめる」
類義語 無分別、一緒くた
英語表現 lump together all sorts of things(すべての種類のものをまとめる)

 

「十把一絡」は、大雑把な人ほど遭遇する機会が多い言葉です。意味と使い方をおさえて積極的に活用してみましょう。

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください