「過小評価」とは?意味や英語・類義語表現をご紹介【使い方の例文あり】

ついつい自分のことを「過小評価」してしまう人というのは、意外と多いのではないでしょうか。私も自分に自信を持てないタイプなので、自分を「過小評価」しがちです。とは言っても、自分以外の人から「過小評価」されてしまうのは避けたいものですよね。
ところで、「過小評価」の意味はご存知ですか?よく使われる言葉なので、意味を知っておくといいかもしれませんね。
この記事では「過小評価」の意味や語源、英語の表記や類義語、使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

「過小評価」の意味と語源

「過小評価」の意味

はじめに、「過小評価」の意味についてご紹介したいと思います。
まずは読み方ですが、「過小評価」は「かしょうひょうか」と読みます。
「過小評価」とは「物事を実際よりも低く見積もったり評価すること」という意味です。
簡単に言えば「見くびる」「誤算」といったところですね。

「過小評価」の語源

次に、「過小評価」の語源についてご紹介します。

「過小」とは、「小さ過ぎること」という意味です。一般的には「実際の価値や実力よりも低く見る」といったニュアンスで使われている言葉です。続く「評価」は、「価値を見極めること」「価値を判断すること」という意味です。
このことから、「過小評価」は「本来の価値や実力よりも低いと判断すること」という意味になりますね。

「過小」は少な過ぎることを表す「過少」と間違いやすいので、注意するようにしましょう。

スポンサーリンク

「過小評価」の英語表現と類義語

「過小評価」の英語の表現

続いて「過小評価」が英語でどのように表現されているのかをご紹介します。

  • Underestimation(過小評価)

【例文】

  • Seem to have underestimated.(過小評価していたようだ)
  • This company is underestimated.(この会社は過小評価されている)

「Underestimation」は、「過小評価」という意味の単語です。しかし、英文でよく使われるのは「過小評価する」「少なく見積もる」という意味の「Underestimate」の方となっています。
また、例文のように「Underestimate」を過去形にした「Underestimated」もよく使われます。名詞の場合は「Underestimation」、動詞の場合は「Underestimate」という風に覚えておくといいかもしれませんね。

「過小評価」の類義語

次に「過小評価」と似たような意味をもつ言葉をご紹介していきます。

  • 人事評価(じんじひょうか)
  • 自己否定(じこひてい)

「人事評価」とは、「社員の能力・業績・遂行度・やる気などを評価し、それを人事に反映させること」という意味です。意味は違いますが、「何かを評価する」という部分が「過小評価」と同じですね。
「自己否定」は、「自分自身を否定すること」という意味です。こちらも意味は違いますが、自分を「過小評価」することは、一種の「自己否定」とも言えますね。

 

「過小評価」の使い方

最後に「過小評価」の使い方を紹介します。

【例文】

  1. 「過小評価しているつもりはない」
  2. 「過小評価することも大切である」
  3. 「自分を過小評価するのは良くない」
  4. 「どうやら過小評価していたようです」
  5. 「過小評価されたくない」

「過小評価」は、何かを評価する時に使われる言葉です。
「過小評価する」「過小評価される」といった言い方をされることが多いですね。また、「過小」と「評価」に分けて、「過小に評価する」「過小に評価される」といった言い方をされる場合もあります。

まれに「過小評価し過ぎる」といった使い方をする場合がありますが、これは「過ぎる」という意味が重なってしまい、おかしな日本語だと捉えられる可能性があります。ですので、この場合は「あまりにも過小評価している」などと言い方を変えた方がいいかもしれませんね。

 

自分への「過小評価」

最近は「自己を肯定すること」が良いと言われていますよね。しかし、あまりにも自分を肯定し過ぎると「自信過剰」「自惚れ」などと批判を受けかねません。
自分への「過小評価」は、あまり良くないと言われがちですが、自分を見つめ直すためには多少の「過小評価」も必要なのかもしれませんね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください