「抱腹絶倒」とは?意味や語源、使い方の例文【英語&類義語表現

最近「抱腹絶倒」した出来事はありますか?私は、つい先日お笑い番組を見て久しぶりに家族全員で「抱腹絶倒」してしまいました。人を「抱腹絶倒」させることができるというのは、凄いことですよね。
ところで、「抱腹絶倒」の意味はご存知ですか?
この記事では「抱腹絶倒」の意味や語源、英語の表記や類義語、使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

「抱腹絶倒」の意味と語源

「抱腹絶倒」の意味

はじめに、「抱腹絶倒」の意味についてご紹介したいと思います。
まずは読み方ですが、「抱腹絶倒」は「ほうふくぜっとう」と読みます。
「抱腹絶倒」とは「腹を抱えてひっくり返るほど大笑いすること」という意味です。
つまり、「大爆笑」という意味ですね。

「抱腹絶倒」の語源

次に、「抱腹絶倒」の語源についてご紹介します。

「抱腹絶倒」の語源は、中国の「史記」の「司馬季主」という人物にまつわる話の中で出てくる「捧腹して大笑いす」という言葉にあります。これは、ある二人が本物の聖人を探している時に見つけた、弟子に抗議している「司馬季主」という占い師に対し、「どうして先生のような方がこのような場所で無駄なことをされているのですか?」と聞いたところ、「司馬季主」は捧腹して大笑いした後、「なんて愚かな質問をするのだ。お金を持っていて地位が高い人ばかりが偉いわけではない」などと説教をしたという話です。つまり、この時の「捧腹して大笑いす」という言葉が「捧腹絶倒」となったわけなんですね。
もとは、このように「捧腹」と表現されていましたが、現代では「捧腹」と表現されることが多くなっています。ただし、「抱腹」も同じ「腹を抱えて笑う」という意味なので、どちらを使っても間違いではありません。

スポンサーリンク

「抱腹絶倒」の英語表現と類義語

「抱腹絶倒」の英語の表現

続いて「抱腹絶倒」が英語でどのように表現されているのかをご紹介します。

  • Convulsive laughter(抱腹絶倒)

【例文】

  • I want to make the audience convulsive laughter.(私は観客を抱腹絶倒させたい)
  • Everybody was convulsed with laughter.(皆で抱腹絶倒した)

「convulsive」は「けいれんを起こしたような」「発作的な」という意味で、「laughter」は「笑い」「笑い声」という意味です。直訳すると「けいれんを起こしたような笑い」となりますが、一般的に「convulsive laughter」は「体がよじれるような笑い」と訳します。つまり、「抱腹絶倒」を表していることになりますね。
「抱腹絶倒した」と過去形で表現する場合は過去形の「convulsed」の方を使うようにしましょう。

「抱腹絶倒」の類義語

次に「抱腹絶倒」と似たような意味をもつ言葉をご紹介していきます。

  • 破顔大笑(はがんたいしょう)
  • 呵呵大笑(かかたいしょう)

「破顔大笑」とは、「表情を崩して大きな声で笑うこと」を表す言葉で、「大笑いすること」「腹を抱えて笑う」という意味です。「大笑い」と「腹を抱えて笑う」という部分が「抱腹絶倒」と同じですね。
「呵呵大笑」とは、「大きな声で大笑いすること」という意味です。少し意味は違いますが、「大笑いする」という意味では「抱腹絶倒」と同じですね。

 

「抱腹絶倒」の使い方

最後に「抱腹絶倒」の使い方を紹介します。

【例文】

  1. 「お客さん全員を抱腹絶倒させられるくらい面白くなりたい」
  2. 「あまりの面白さに、抱腹絶倒せざるを得なかった」
  3. 「思わず抱腹絶倒してしまった」
  4. 「この話を聞いたら、抱腹絶倒するに違いない」
  5. 「みんなで抱腹絶倒した」

「抱腹絶倒」は「大笑いした」「笑い転げた」といったニュアンスで使われる言葉です。
「抱腹絶倒する」といった使い方が基本となっていますが、他に「抱腹絶倒させる」「抱腹絶倒もの」など、色々な使い方ができるようになっています。

 

飲める「抱腹絶倒」

日本酒の「抱腹絶倒」をご存知ですか?飲むと大笑いしてしまう…というわけではないのですが、「ワインのような日本酒」として人気となっているんです。低アルコールでフルーティな味わいなので、女性にも大人気だとか。
もしかしたら日本酒が苦手な方でも飲めるかもしれませんので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください