「是非善悪」とは?意味と語源、使い方の例文【類義語と英語表現】

この記事は、約7分で読むことができます。

どんなものにも、良いところと悪いところがある「是非善悪」だと思いませんか。

むしろ良いところと悪いところの両方があって初めて、物事の信憑性や真実味が増すというものです。

悪いところだけだと良いとことはあるはず、逆に良いところばかりだと悪いところもあるはずだ、と疑いの目で見てしまいますね。

ところで、「是非善悪」の意味をご存じでしょうか。

この記事では、「是非善悪」の意味と語源、使い方の例文、類義語と英語表現をご紹介します。

 

 

スポンサードサーチ

「是非善悪」の意味と語源

 

「是非善悪」の意味

 

最初に、「是非善悪」の意味をご紹介します。

まず読み方ですが、「是非善悪」は「ぜひぜんあく」と読みます。

「是非善悪」とは、「物事に対するよし悪し」という意味です。

つまり指し示しているものが正しいものか誤ったものか、よいものか悪いものかという意味です。

 

「是非善悪」の語源

 

次に、「是非善悪」の語源をご紹介します。

「是非」と「善悪」に分けて解説します。

「是非」は「正しいことと正しくないこと」という意味です。「是」という字は、訓読みから「これ、ここ」というイメージが強い字ですが、「道理にかなっている」という意味もあります。

「善悪」は「よいこと悪いこと」という意味です。「善」という字は「道徳的に正しい」という意味です。似た意味の「良」は「行動や性質に優れている」という意味なので、違いもおさえておきましょう。

「是非善悪」は「正しいことと正しくないこと、よいことと悪いこと」が直訳となります。この世界に存在するすべてのものや人に共通して用いることができ、物事をはかる上での物差しのような言葉です。

 

 

スポンサードサーチ

「是非善悪」の使い方

 

続いて、「是非善悪」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「この商品は、是非善悪の判断が難しいものだ。一旦落ち着いて考えた方がいいかもね。」
  2. 「何事にも、是非善悪の考え方は大事だ。うまいだけの話なんてあるわけがない。」
  3. 「是非善悪の難しいところは、人はメリットを見てしまうと盲目的になってしまうことだ。」
  4. 「君も少しは、是非善悪の判断を自分でしてみてはどうかね。成長できないよ。」
  5. 「是非善悪の判断が自分でできてこそ、一人前だ。いつまでも甘えていちゃだめだよ。」

 

「是非善悪」は、物事の善いところと悪いところを表しています。

使い方としては、「是非善悪で~」や「是非善悪の~」という形で用いられます。

「是非善悪」は、人に対しても物事に対しても用いることができます。

用いる場面も広いので、ぜひ押さえておきましょう。

 

 

「是非善悪」の類義語と英語表現

 

「是非善悪」の類義語

 

それでは、「是非善悪」の類義語をご紹介します。

  • 是非曲直(ぜひきょくちょく)
  • 理非曲直(りひきょくちょく)
  • 是々非々(ぜぜひひ)

 

「是非曲直」は、「物事の善悪のこと」という意味です。「是非善悪」と似た意味を持ち、曲がったことと真っすぐなことという構造も似た言葉です。

「理非曲直」は、「物事の正や不正のこと」という意味です。「是非善悪」と似た意味を持ち、道理にかなうこととかなわないことという構造も似た言葉です。

「是々非々」は、「良いことは良い、悪いことは悪いと判断する」という意味です。「是非善悪」とほぼ同じ言葉で、公平な立場で判断するという言葉です。

 

「理非曲直」「是々非々」については、こちらの記事に詳しく書いています。

「理非曲直」とは?意味や使い方の例文、英語&四字熟語の類語をご紹介

「是々非々」とはどんな意味?語源や使い方の例文で是非との違いを把握しよう!

 

「是非善悪」の英語表現

 

最後に、「是非善悪」の英語表現をご紹介します。

  • rights and wrongs(是非善悪)

 

【例文】

  • Please keep your heads. Now, think deeply rights and wrongs.(落ち着いて。いったん深く是非善悪について考えよう。)
  • The all things in the world have rights and wrongs.(この世に存在するすべての物事には是非善悪がある。)

 

「rights」は「正しいこと」、「wrongs」は「間違ったこと」を意味しています。直訳すると「正しいことと間違ったこと」となります。

他にも「the relative merits」でも表現することができます。

 

四字熟語の英語表現を、ビジネス場面別でまとめてみました。

ビジネス英語として実践で使える四字熟語30選【英語勉強アプリもご紹介】

 

 

スポンサードサーチ

まとめ:公平な「是非善悪」

以上、「是非善悪」について、ご紹介してきました。

 

まとめると、以下の通りです。

読み方 ぜひぜんあく
意味 物事に対するよし悪し
語源 「是非」=「正しいことと正しくないこと」、「善悪」=「よいこと悪いこと」
類義語 ・是非曲直(ぜひきょくちょく)
・理非曲直(りひきょくちょく)
英語表現 rights and wrongs(正しいことと間違ったこと)

 

「是非善悪」は、広く用いることができる言葉です。

物事に立ち止まった際は、是非このような考え方を持つと良いのではないでしょうか。

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください