「周知徹底」の意味やビジネスでの使い方の例文!英語表現や類義語もご紹介

この記事は、約658秒で読むことができます。

「周知徹底させておくように」と指示された場合、あなたはどうしますか?

これは実際に私が新入社員だった頃に上司に言われた言葉なんですが、その時は意味がわからず困ってしまったのを覚えています。

今ではこんな言葉の意味も知らなかった自分が恥ずかしくなるのですが、社会人になる前は「周知徹底」なんて言葉あまり耳にしませんよね。

しかし、「周知徹底」はビジネスシーンではよく使われる言葉なので、学生や社会人など関係なく意味を知っておいた方がいいかもしれませんね。

この記事では、「周知徹底」の意味や語源、英語表現や類義語、使い方の例文をご紹介します。

スポンサードサーチ

「周知徹底」の意味と語源

「周知徹底」の意味

はじめに、「周知徹底」の意味についてご紹介したいと思います。

まずは読み方ですが、「周知徹底」は「しゅうちてってい」と読みます。

「周知徹底」とは「隅々(すみずみ)まで、きちんと知れ渡らせること」という意味です。

つまり、「全員で情報を共有する」「知らない人がいないようにする」といったニュアンスの言葉ですね。

「周知徹底」の語源

次に、「周知徹底」の語源についてご紹介します。

まず、「周」には「隅々まで行き届く」という意味や、「広く全てに行き渡る」「もれなく行き渡る」ことを表す「あまねく」という意味があります。

そして、「知」は「知る」「知らせる」という意味なので、「周知」は「広く知らせること」「広く知れ渡っていること」という意味になります。

続く「徹底」は、「一貫していること」「隅々まで行き届くこと」という意味です。

もともと「徹底」という言葉は仏教語で、「物事の本質を知り考え理解する」という意味でした。

それが、「底まで貫く」「底を知る」という意味で使われるようになり、徐々に「一貫していること」という意味でも使われるようになりました。

最近では「完璧である」「中途半端ではない」などの意味でも使われていますよね。

スポンサードサーチ

「周知徹底」の英語表現と類義語

「周知徹底」の英語表現

続いて、「周知徹底」が英語でどのように表現されているのかをご紹介します。

  • Thoroughly disseminate(周知徹底)

【例文】

  • Please thoroughly disseminate(周知徹底をお願いします)
  • Aim to thoroughly disseminate(周知徹底を目指す)

「Thoroughly」は「徹底的に」という意味です。

「disseminate」は「普及」「宣伝」という意味で知られていますが、「意見を広める」という意味があります。

ですので「Thoroughly disseminate」は直訳で「徹底的に意見を広める」となり、「周知徹底」の意味を表していることになります。

例文に使われている「please」は「お願い」、「aim」は「狙い」「意図」「目指す」という意味です。

「周知徹底」の類義語

次にm「周知徹底」の類義語をご紹介していきます。

  • 情報共有(じょうほうきょうゆう)
  • 悪事千里(あくじせんり)

「情報共有」とは、「情報や知識を人に伝達して共有すること」という意味です。

「人に知らせる」「情報を共有する」の部分が「周知徹底」と同じですね。

「悪事千里」とは、「悪事や悪評はどんなに隠しても世間に知れ渡ってしまうこと」という意味です。

意味は全く違いますが、「知れ渡る」という意味では「周知徹底」と同じですね。

リーダーシップを取れる人に相応しい四字熟語は、「率先垂範」です。
「率先垂範」とはどんな意味で使い方をする?例文や英語・類義語表現をご紹介

ビジネスメールで「二転三転」を使う機会って、意外と多くないですか?
「二転三転」の意味や使い方の例文!英語や類義語表現、ビジネスでの注意点をご紹介

【関連記事】

その他、ビジネスで使うことの多い四字熟語をご紹介します。理解できた上で使えていますか?

「適材適所」とは?意味と語源、英語表現・類義語【使い方の例文】

「水平思考」の意味と語源をご紹介【ビジネスでの使い方の例文あり】

「手前味噌」の意味や語源とは?ビジネスでの使い方の例文や誤用に注意!

 

「周知徹底」の使い方の例文

最後に、「周知徹底」の使い方を紹介します。

【例文】

  1. 「皆さん、社内ルールの周知徹底をお願い致します。」
  2. 「この難局を乗り切るために、急いで周知徹底を図った」
  3. 「火災時の非難方法を、生徒達に周知徹底させる」
  4. 「今回のミスは、周知徹底の不十分さが原因だった」
  5. 「どうやら、周知徹底されていなかったらしい」

「周知徹底」はビジネスシーンでよく使われる言葉です。

「知らせる」といった意味の言葉なので、基本的には「周知徹底させる」といった言い方をします。

「周知徹底する」と言う人もいますが、これは正確な使い方ではありません。

この場合は「周知徹底する」ではなく、「周知徹底を図る」といった方がいいですね。

また、「周知徹底をお願いする」といった言い方をされる場合もよくあります。

【注目記事】

「周知徹底」を図ってもらいたいのは、この『「不要不急」の外出』なども当てはまりますね。

各個人が認識しておくには、非常に大事な言葉ですので合わせてご覧ください。

 

最後に書籍のご紹介ですが、
こちらはタイトル名を耳にしたことがあるかもしれない、200万部突破のベストセラー書籍です。

あなたも「嫌われる」ことで自分の生き方を見つけ、日常生活の悩みから解放されてみてはどうでしょう。

さすがは、現代の良書だけあって「やるべきこと」が明確に記されています。

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え [ 岸見一郎 ]

 

スポンサードサーチ

「徹底」の「三獣渡河」

仏教の「優婆塞戒経」に出てくる「三獣渡河」という話をご存知ですか?

これは、「徹底」の語源となった「物事の本質を知り考え理解する」についての話で、悟りの世界に入るための三通りの修行方法の違いを表したものです。

兎・馬・象がどのように河を渡るかで、物事の見た目だけでなく本質を分かっているのかどうかを例えた話となっていますので、興味がある方は調べてみてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください